ビッグホスピタル特集 - 東京大学医学部附属病院

ビッグホスピタル特集

東京大学医学部附属病院

小見山 智恵子

知識・技術・五感すべてを統合し、
患者さんの生命力を引き出す看護を

Top Interview

看護部長
小見山 智恵子(こみやま・ちえこ)

「人と関わる仕事がしたい」と、看護の道を志す。東京大学医学部附属病院入職。耳鼻咽喉科、救急部、手術部、外科を経験し、院内の看護師教育等に携わった後、内科で副看護師長に。その後、家族の転勤で一旦退職。復職後、文部科学省へ出向し、大学病院全体の医療安全体制の強化に関わる。病院に戻ってからは、病院の改修や建て替えによる病棟再編や新部署の立ち上げにも携わる。その中でICU、医療安全等の師長を経て、2010年より看護部長に。千葉大学大学院看護学研究科修士課程修了(看護学修士)。

さまざまな医療機器の発展した今だからこそ、看護の基本である「みて、触れて、考える看護」を実践したい。そのためにしっかり基礎を学んだ上で、看護師自らが主体性をもって学び続けられる仕組みが大切と考え、柔軟な教育体制を整えています。

自分の引き出しを増やしみて、触れて、考えることで得られるもの

 看護は、何かひとつ覚えたらすぐに何かできるようになるというものではなく、与えられる教育だけで成長できるものでもないと考えています。というと、つかみどころのないもののように思われるかもしれません。でも見方を変えると、みなさんが今経験していることや興味のあることは、どんなことも自分の看護の力を高めることに繋がるということなのです。
 患者さんに接する時には、知識や技術に限らず、人としての引き出しが多ければ多いほど、適切な看護を提供するための選択肢が増えると思います。その引き出しは、働いている時間だけではなく、日常での経験や人との関わりでも増えていきます。看護師としてのキャリアを築いていくときに、無駄になることは何もなく、大切なのはそれらを看護にどう活かすかであると考えます。
 東京大学医学部附属病院では、「患者さんの生命力を引き出す看護」を目指しています。それを実現するために、看護師は自分の知識や技術、五感、すべてを使って「みて、触れて、考える」ことを基本にしています。今はさまざまな医療機器が発達し、ともするとそれらが表示する数値に頼りがちです。そんな今だからこそ、実際に患者さんをみて、触れて、考えるというプロセスを大切にしており、その過程があってこそ患者さんの生命力を引き出すというアウトカム(結果)につながるのだと考えています。
 看護師一人ひとりが、自分がどんな「みて、触れて、考える」看護を提供し、それが患者さんにどういう影響を与えたかを振り返り、根拠を持った看護を展開していってほしい。その過程において、至らなかった点や、先輩からの助言をきちんと消化して、次に生かしていく、そんな経験を積んでほしいと願っています。そうすることで、新しいことに適応しながら次の段階へ恐れず進んでいけるのだと思います。

学びたいと思った時に自らコーディネートして学習できる環境

 所属する部署での経験や自分の興味から、学んでみたくなる内容や順序はおそらく違うでしょう。ですから、当院の教育システムは、看護師が自ら学びたいと思った時、主体的に学ぼうとすることに応えていくことを大切にしています。
 もちろん、入職1年目の看護師向けには「東大式新人受け入れ体制」として、基礎プログラムが用意されています。ここでは、プリセプターとエルダーを中心に、病棟スタッフ、看護師長や主任、専任教育担当、リエゾンナース、看護管理室が互いに連携しながら、新人看護師を病院全体でしっかりサポートします。
 そして、現場で働いてこそ湧いてくる具体的な疑問や興味を大切に、4年目以降は、自分で学ぶタイミングや内容をコーディネートできるキャリアラダーシステムになっています。
 学習会の機会や、一緒に働く他職種にも遠慮なく聞ける環境づくりも大切にしています。医師、薬剤師、臨床検査技師など、それぞれ院外でも教育的な役割を務めている方が多くいますので、看護の勉強にとどまらない広い視野を養うことも可能です。
 自分の関わりによって、患者さんがいい方向に向かった実感が持てた時や、難しい局面を仲間と力を合わせて乗り越える過程で、看護師は一段と成長していくのだと思います。その時の自分には少し難しい課題でも、それを乗り越える経験から得られる学びは貴重です。日々がチャレンジです。自分を枠に閉じ込めずに、世界が広がる感覚を、一緒に体験していけたらと思っています。

患者さんの声に真摯に耳を傾けられる看護師であってほしい

My Favorite

師長に初めてなった病棟のスタッフからの寄せ書きは、看護管理の原点を思い出させてくれます。

 求める人材像をよく聞かれますが、実は「こんな人にきてほしい」というのは、正直言ってありません。多様性のある社会において、看護師もいろいろな人がいた方がいいと思っています。
 ただ、物事や人に対して誠実であってほしいです。看護は本当に小さなことの積み重ねですから、一つひとつを疎かにせず誠実に行ってほしいです。そして患者さんの訴えに耳を傾け続けてほしいのです。どういう関わり方がその方にとっていいのかは、患者さん自身が教えてくれます。
 私も振り返ってみれば、新人時代は毎日がハラハラドキドキの連続でした。病気が患者さんの生活全体や心にも影響を及ぼすことを目の当たりにし、がん治療中の方との、命というものを考えさせられる会話に、未熟な自分がどう応えればいいのか戸惑い、本当に考えさせられました。
 学ぶことはたくさんあると痛感する一方で、ますます看護の世界に魅せられてきたのも事実です。この仕事をしていなければ、ひとの人生に触れるという経験もなかったと思います。患者さんやご家族のかけがえのない人生への関わりを通して、なんて素晴らしい職業に自分は就いたのだろうと、何度も思いました。もちろん責任の重さに圧し潰されそうな気持ちになることもあります。それでも、看護は人との関わりの中で日々変化があり、そこから学び、成長できる自分にとってかけがえのない仕事です。
今、この新型コロナウイルスの状況において、医療の現場から離れようとするのではなく、看護や医療に興味を持って働こうとしている学生さんたちにも、心から感謝の気持ちを伝えたいです。実習などの機会が少なく不安かもしれませんが、私たちもその状況を理解し、研修体制を整えていますので、安心して夢に向かって進んでほしいと思います。