看護系就職情報サイト 掲載病院数NO1

看護師国家試験 過去問題

2017年度(第107回)午後 第61問〜第120問看護師国家試験 過去問・解答

61 問 〜 第 75
  • 第 61 問
    精神科デイケアの目的で最も適切なのはどれか。
    1. 1.陽性症状を鎮静化する。
    2. 2.家族の疾病理解を深める。
    3. 3.単身で生活できるようにする。
    4. 4.対人関係能力の向上を目指す。
    解答を見る 解答:4
  • 第 62 問
    健康保険法による訪問看護サービスで正しいのはどれか。
    1. 1.サービス対象は75歳以上である。
    2. 2.訪問看護師が訪問看護計画を立案する。
    3. 3.要介護状態区分に応じて区分支給限度基準額が定められている。
    4. 4.利用者の居宅までの訪問看護師の交通費は、診療報酬に含まれる。
    解答を見る 解答:2
  • 第 63 問
    Aさん(75歳、男性)。1人暮らし。慢性閉塞性肺疾患〈COPD〉chronic obstructive pulmonary diseaseのため、2年前から在宅酸素療法を開始し、週に2回の訪問看護を利用している。訪問看護師はAさんから「最近、洗濯物を干すときに息が苦しくて疲れるが、自分でできることは続けたい」と相談された。
    Aさんの労作時の息苦しさを緩和する方法について、訪問看護師が行う指導で適切なのはどれか。
    1. 1.労作時は酸素流量を増やす。
    2. 2.呼吸は呼気より吸気を長くする。
    3. 3.動作に合わせて短速呼吸をする。
    4. 4.腕を上げるときは息を吐きながら行う。
    解答を見る 解答:4
  • 第 64 問
    Aさん(80歳、男性)は、20年前に大腸癌colorectal cancerでストーマを造設し、現在週1回の訪問看護を利用している。訪問看護師は、訪問時にAさんから「2日前から腹痛がある」と相談を受けた。Aさんのバイタルサインは、体温36.4℃、呼吸数24/分、脈拍84/分、血圧138/60mmHgである。
    訪問看護師がAさんの腹痛をアセスメントするための情報で最も優先度が高いのはどれか。
    1. 1.排便の有無
    2. 2.身体活動量
    3. 3.食物の摂取状況
    4. 4.ストーマ周囲の皮膚の状態
    解答を見る 解答:1
  • 第 65 問
    Aさん(70歳、男性)。1人暮らし。脳出血cerebral hemorrhageの手術後、回復期リハビリテーション病棟に入院中である。神経因性膀胱neurogenic bladderのため、膀胱留置カテーテルを挿入している。要介護2で、退院後は看護小規模多機能型居宅介護を利用する予定である。
    退院後にAさんが行う膀胱留置カテーテルの管理で適切なのはどれか。
    1. 1.蓄尿バッグに遮光カバーをかぶせる。
    2. 2.カテーテルは大腿の内側に固定する。
    3. 3.外出前に蓄尿バッグの尿を廃棄する。
    4. 4.カテーテルと蓄尿バッグの接続は外さない。
    解答を見る 解答:3
  • 第 66 問
    A病院の組織図を図に示す。
    医療安全管理を担う部門が、組織横断的な活動をするのに適切な位置はどれか。
    解答を見る 解答:2
  • 第 67 問
    高速道路で衝突事故が発生し、20人が受傷した。A病院は、5人の重症患者を受け入れ、あわただしい雰囲気となっている。
    医療を安全かつ円滑に行うために、救急外来のリーダー看護師に求められる役割として誤っているのはどれか。
    1. 1.チームで患者情報を共有する。
    2. 2.スタッフの役割分担を明確にする。
    3. 3.患者誤認が生じないように注意喚起する。
    4. 4.電話による安否の問い合わせに回答する。
    解答を見る 解答:4
  • 第 68 問
    紙カルテと比較したときの電子カルテの特徴として正しいのはどれか。
    1. 1.データ集計が困難である。
    2. 2.診療録の保存期間が短い。
    3. 3.多職種間の情報共有が容易になる。
    4. 4.個人情報漏えいの危険性がなくなる。
    解答を見る 解答:3
  • 第 69 問
    医療機関に勤務する看護師のうち、特殊健康診断の対象となるのはどれか。
    1. 1.内視鏡室で勤務する看護師
    2. 2.精神科病棟で勤務する看護師
    3. 3.血管造影室で勤務する看護師
    4. 4.一般病棟で勤務する夜勤専従の看護師
    解答を見る 解答:3
  • 第 70 問
    神経伝達物質と効果器の組合せで正しいのはどれか。
    1. 1.γ-アミノ酪酸〈GABA〉──── 気管
    2. 2.アセチルコリン ──── 瞳孔散大筋
    3. 3.アドレナリン ──── 血管
    4. 4.セロトニン ──── 心筋
    5. 5.ドパミン ──── 汗腺
    解答を見る 解答:3
  • 第 71 問
    無対の静脈はどれか。
    1. 1.鎖骨下静脈
    2. 2.総腸骨静脈
    3. 3.内頸静脈
    4. 4.腕頭静脈
    5. 5.門脈
    解答を見る 解答:5
  • 第 72 問
    血液中の濃度の変化が膠質浸透圧に影響を与えるのはどれか。
    1. 1.血小板
    2. 2.赤血球
    3. 3.アルブミン
    4. 4.グルコース
    5. 5.ナトリウムイオン
    解答を見る 解答:3
  • 第 73 問
    院内感染の観点から、多剤耐性に注意すべきなのはどれか。
    1. 1.ジフテリア菌
    2. 2.破傷風菌
    3. 3.百日咳菌
    4. 4.コレラ菌
    5. 5.緑膿菌
    解答を見る 解答:5
  • 第 74 問
    過換気でみられるのはどれか。
    1. 1.骨格筋の弛緩
    2. 2.血中酸素分圧の低下
    3. 3.体循環系の血管の収縮
    4. 4.代謝性アルカローシス
    5. 5.血中二酸化炭素分圧の上昇
    解答を見る 解答:3
  • 第 75 問
    乳癌breast cancerの検査で侵襲性が高いのはどれか。
    1. 1.触診
    2. 2.細胞診
    3. 3.MRI検査
    4. 4.超音波検査
    5. 5.マンモグラフィ
    解答を見る 解答:2
76 問 〜 第 90
  • 第 76 問
    感染症と保健所への届出期間の組合せで正しいのはどれか。
    1. 1.結核tuberculosis ──── 診断後7日以内
    2. 2.梅毒syphilis ──── 診断後直ちに
    3. 3.E型肝炎hepatitis E ──── 診断後直ちに
    4. 4.腸管出血性大腸菌感染症enterohemorrhagic E.coli infection ──── 診断後7日以内
    5. 5.後天性免疫不全症候群〈AIDS〉acquired immunodeficiency syndrome ──── 診断後直ちに
    解答を見る 解答:3
  • 第 77 問
    平成24年(2012年)の医療法の改正によって、医療計画には「 ① 」 疾病・「 ② 」 事業及び在宅医療の医療体制に関する事項を定めることとされている。
    ①と②に入る数字の組合せで正しいのはどれか。

      ① 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
      ② 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    解答を見る 解答:4
  • 第 78 問
    筋骨格系の加齢に伴う変化が発症の一因となるのはどれか。
    1. 1.肺結核pulmonary tuberculosis
    2. 2.骨盤臓器脱pelvic organ prolapse
    3. 3.前立腺肥大症prostatic hyperplasia
    4. 4.加齢黄斑変性age-related macular degeneration
    5. 5.慢性閉塞性肺疾患〈COPD〉chronic obstructive pulmonary disease
    解答を見る 解答:2
  • 第 79 問
    平成25年度(2013年度)の「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」における養介護施設従事者等による虐待で最も多いのはどれか。
    1. 1.性的虐待
    2. 2.介護等放棄
    3. 3.身体的虐待
    4. 4.心理的虐待
    5. 5.経済的虐待
    解答を見る 解答:3
  • 第 80 問
    Aさん(66歳、女性)は、4年前に前頭側頭型認知症frontotemporal dementiaと診断され、介護老人福祉施設に入所している。時々、隣の席の人のおやつを食べるため、トラブルになることがある。
    この状況で考えられるAさんの症状はどれか。
    1. 1.脱抑制
    2. 2.記憶障害
    3. 3.常同行動
    4. 4.自発性の低下
    5. 5.物盗られ妄想
    解答を見る 解答:1
  • 第 81 問
    社会福祉士及び介護福祉士法に基づき、介護福祉士が一定の条件を満たす場合に行うことができる医療行為はどれか。
    1. 1.摘便
    2. 2.創処置
    3. 3.血糖測定
    4. 4.喀痰吸引
    5. 5.インスリン注射
    解答を見る 解答:4
  • 第 82 問
    精神障害者のリカバリ〈回復〉について正しいのはどれか。
    1. 1.ストレングスモデルが適用される。
    2. 2.目標に向かう直線的な過程である。
    3. 3.精神疾患が寛解した時点から始まる。
    4. 4.精神障害者が1人で達成を目指すものである。
    5. 5.精神障害者が病識を獲得するまでの過程である。
    解答を見る 解答:1
  • 第 83 問
    健常な成人の心臓について、右心室と左心室で等しいのはどれか。2つ選べ
    1. 1.単位時間当たりの収縮の回数
    2. 2.拡張時の内圧
    3. 3.収縮時の内圧
    4. 4.心室壁の厚さ
    5. 5.1回拍出量
    解答を見る 解答:1・5
  • 第 84 問
    難病の患者に対する医療等に関する法律〈難病法〉において国が行うとされているのはどれか。2つ選べ
    1. 1.申請に基づく特定医療費の支給
    2. 2.難病の治療方法に関する調査及び研究の推進
    3. 3.指定難病に係る医療を実施する医療機関の指定
    4. 4.支給認定の申請に添付する診断書を作成する医師の指定
    5. 5.難病に関する施策の総合的な推進のための基本的な方針の策定
    解答を見る 解答:2・5
  • 第 85 問
    急性期の患者の特徴で適切なのはどれか。2つ選べ
    1. 1.症状の変化が乏しい。
    2. 2.エネルギー消費量が少ない。
    3. 3.身体の恒常性が崩れやすい。
    4. 4.生命の危機状態になりやすい。
    5. 5.セルフマネジメントが必要となる。
    解答を見る 解答:3・4
  • 第 86 問
    甲状腺ホルモンの分泌が亢進した状態の身体所見について正しいのはどれか。2つ選べ
    1. 1.徐脈
    2. 2.便秘
    3. 3.眼球突出
    4. 4.皮膚乾燥
    5. 5.手指振戦
    解答を見る 解答:45
  • 第 87 問
    下部尿路症状のうち蓄尿症状はどれか。2つ選べ
    1. 1.尿失禁
    2. 2.残尿感
    3. 3.腹圧排尿
    4. 4.尿線途絶
    5. 5.尿意切迫感
    解答を見る 解答:1・5
  • 第 88 問
    妊娠の成立の機序で正しいのはどれか。2つ選べ
    1. 1.原始卵胞から卵子が排出される。
    2. 2.排卵後の卵子は卵管采によって卵管に取り込まれる。
    3. 3.受精は精子と卵子との融合である。
    4. 4.受精卵は子宮内で2細胞期になる。
    5. 5.着床は排卵後3日目に起こる。
    解答を見る 解答:2・3
  • 第 89 問
    Aさん(65歳、女性)は、5年前に乳癌breast cancerの左胸筋温存乳房切除術と左腋窩リンパ節郭清術を受けた。1年前に大腿骨転移のため日常生活動作〈ADL〉に一部介助が必要となり、訪問看護を利用し在宅で療養している。Aさんの左上腕内側の皮膚をつまむと健側より厚みがある。
    訪問看護師がAさんに指導する左上腕のケア方法で正しいのはどれか。2つ選べ
    1. 1.指圧する。
    2. 2.皮膚の露出は少なくする。
    3. 3.保湿クリームを塗布する。
    4. 4.ナイロン製タオルで洗う。
    5. 5.アルカリ性石けんで洗浄する。
    解答を見る 解答:2・3
  • 第 90 問
    出生体重3,200gの新生児。日齢3の体重は3,100gである。
    このときの体重減少率を求めよ。
    ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第2位を四捨五入すること。

    解答:[ ① ].[ ② ]%

    ① 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    ② 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    解答を見る 解答:40
91 問 〜 第 105
  • 次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
    Aさん(62歳、男性)。1人暮らし。1週前から感冒様症状があり様子をみていたが、呼吸困難と咳嗽が増強したため外来を受診した。胸部エックス線写真と胸部CTによって特発性肺線維症idiopathic pulmonary fibrosisによる間質性肺炎interstitial pneumoniaと診断され入院した。
    既往歴:42歳で糖尿病diabetes mellitusと診断された。59歳と61歳で肺炎pneumoniaに罹患した。
    生活歴:3年前から禁煙している(20〜59歳は20本/日)。
    身体所見:BMI17.6。体温38.8 ℃、呼吸数30/分、脈拍112/分、血圧140/98mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉91%。両側下肺野を中心に、吸気終末時に捻髪音あり。呼気時は問題ないが、吸気時に深く息が吸えない。ばち状指を認める。
    検査所見:血液検査データは、白血球13,000/μL、Hb10.5g/dL、総蛋白5.2g/dL、アルブミン2.5g/dL、随時血糖85mg/dL、CRP13.2mg/dL。動脈血液ガス分析で、pH7.35、動脈血二酸化炭素分圧〈PaCO2〉38Torr、動脈血酸素分圧〈PaO2〉56Torr。胸部エックス線写真と胸部CTで、下肺野を中心に輪状影、網状影、淡い陰影あり。

    • 第 91 問
      入院時のAさんの身体状況のアセスメントで適切なのはどれか。
      1. 1.水様性の気道分泌物が貯留している。
      2. 2.呼吸性アシドーシスである。
      3. 3.栄養状態は良好である。
      4. 4.I型呼吸不全である。
      解答を見る 解答:4
    • 第 92 問
      Aさんは入院後に呼吸機能検査を受けることになった。換気障害の分類を図に示す。
      Aさんの呼吸機能検査の結果で考えられるのはどれか。
      1. 1.A
      2. 2.B
      3. 3.C
      4. 4.D
      解答を見る 解答:1
    • 第 93 問
      入院後18日。Aさんは2日後に自宅へ退院することとなった。Aさんは「病院に来る前は、息苦しくて死ぬかと思った。あのような思いはもうしたくない。家に帰ってまた息苦しくならないか不安だ」と言う。
      Aさんが症状を自己管理できるように指導する内容で適切なのはどれか。
      1. 1.習慣的に腹式呼吸をする。
      2. 2.入浴時は肩まで湯に浸かる。
      3. 3.動作時は前傾姿勢を保持する。
      4. 4.息苦しくなったら仰臥位を保持する。
      解答を見る 解答:1
  • 次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
    Aさん(52歳、女性)。自宅で突然激しい頭痛と悪心が出現し、自力で救急車を要請し、搬送された。ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉I-2で頭痛を訴えており、発汗著明であった。瞳孔径は両側3.0mm。上下肢の麻痺はない。Aさんは頭部CTでくも膜下出血subarachnoid hemorrhageと診断され、ICUに入室した。入室時のバイタルサインは、体温36.8℃、呼吸数24/分、脈拍92/分、血圧156/98mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉95%であった。

    • 第 94 問
      ICU入室から24時間以内に注意すべきAさんの症状や徴候はどれか。
      1. 1.Kussmaul〈クスマウル〉呼吸
      2. 2.膝蓋腱反射の低下
      3. 3.企図振戦
      4. 4.瞳孔散大
      解答を見る 解答:4
    • 第 95 問
      Aさんは脳血管造影で右中大脳動脈に動脈瘤aneurysmが確認され、脳血管内治療コイル塞栓術が実施された。その後、Aさんは意識清明で問題なく経過していたが、手術後6日から刺激に対する反応が鈍くなり、閉眼していることが多くなった。意識レベルはジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉II-10。左上肢はBarré〈バレー〉徴候陽性を示した。
      Aさんに生じていることとして最も考えられるのはどれか。
      1. 1.けいれん発作
      2. 2.脳血管攣縮
      3. 3.せん妄
      4. 4.再出血
      5. 5.水頭症hydrocephalus
      解答を見る 解答:2
    • 第 96 問
      手術後14日、頭部CTで右大脳半球に小範囲の脳梗塞cerebral infarctionが認められた。Aさんは、左上肢の挙上はできるが維持が困難であり、左膝の屈曲はできるが左下肢の挙上は困難である。意識は清明であるが、Aさんは左片麻痺があるため動こうとしない。
      Aさんへの看護で最も適切なのはどれか。
      1. 1.日常生活動作<ADL>の自立度をアセスメントする。
      2. 2.歩行訓練のときは杖の使用を勧める。
      3. 3.左上肢の筋力増強運動を指導する。
      4. 4.車椅子への移乗は全介助で行う。
      解答を見る 解答:1
  • 次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
    Aさん(87歳、男性)。3年前にAlzheimer〈アルツハイマー〉型認知症dementia of Alzheimer typeと診断された。1年前に妻が亡くなってから1人で暮らしている。日常生活は問題なく送れていたが、最近Aさんは薬を飲み忘れることが増えてきたり、電話の応対ができなかったりすることがあり、日常生活に支障が出るようになった。

    • 第 97 問
      Aさんの状態に該当する認知症高齢者の日常生活自立度判定基準のランクはどれか。
      1. 1.ランクⅡa
      2. 2.ランクⅡb
      3. 3.ランクⅢa
      4. 4.ランクⅢb
      5. 5.ランクM
      解答を見る 解答:2
    • 第 98 問
      その後、Aさんは、コンロの火を消し忘れることや、買い物に行って自宅に戻れないことが何度もあり、在宅での生活が困難になったため、介護老人福祉施設に入所した。Aさんは自分の思い通りにならないときに、大声を出して暴れることがあった。時折落ち着かない様子で施設内を徘徊することがあったが、看護師が話しかけると、立ち止まり「散歩しています」と笑顔で話していた。ある日、Aさんがエレベーター前に人で立っていたため、看護師がどこへ行くのか尋ねると、Aさんは「家に帰ります」と言った。
      このときの看護師の対応として最も適切なのはどれか。
      1. 1.「一緒に出かけましょう」としばらく周囲を歩く。
      2. 2.「トイレに行きましょう」とトイレに誘導する。
      3. 3.「転んだら危ないですよ」と車椅子に誘導する。
      4. 4.「入所中なので家には帰れません」と説明する。
      解答を見る 解答:1
    • 第 99 問
      普段は入浴を楽しみにしていたAさんが、1週前に浴室で誤って冷たい水をかぶってしまい、それ以来「お風呂に入ると寒いから嫌だ」と言って、入浴を拒否するようになった。この日も「お風呂は寒い」と言って入浴を拒否している。看護師が浴室と脱衣室の室温を確認すると26℃〜28℃にあたためられていた。また、施設内の温度は一定に設定されており、浴室から部屋まで移動する間も寒さを感じることはなかった。
      Aさんへの対応として適切なのはどれか。
      1. 1.入浴の必要性を説明する。
      2. 2.特殊浴槽での入浴を勧める。
      3. 3.一緒に湯の温度を確認する。
      4. 4.今日は入浴しなくてよいと伝える。
      解答を見る 解答:3
  • 次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
    A君(14歳、男子)は、夏休みのサッカー部の部活動で、朝10時から12時まで屋外で練習した。昼食時におにぎり2個とお茶を500mL摂取し、休憩後の13時から15時まで再び練習した。この日は晴天で、外気温は32℃であった。15分休憩し練習を再開したところ、A君は突然頭痛と悪心とを訴え、グラウンドの隅に座り込んだ。
    サッカー部担当のB教諭が、A君を日陰で横にして休ませ様子をみていたが、症状が改善せず、顔面蒼白、冷汗が出現した。A君は「気持ち悪い」と言った後に嘔吐した。

    • 第 100 問
      B教諭が病院に電話連絡したところ、熱中症heat illnessの疑いがあるため、A君をタクシーで病院に連れて行くこととなった。このときのA君の意識は清明で、体温は38.7℃であった。
      病院到着までに、看護師がB教諭に指示する処置として適切なのはどれか。
      1. 1.A君の体を冷やす。
      2. 2.A君に水を飲ませる。
      3. 3.A君の上体を高くする。
      4. 4.中枢から末梢に向けてA君の手足をマッサージする。
      解答を見る 解答:1
    • 第 101 問
      B教諭に付き添われて、A君は病院に到着した。来院時、A君のバイタルサインは、体温38.5℃、呼吸数26/分、脈拍128/分、血圧90/48mmHg であった。口唇粘膜は乾燥し、皮膚をつまむとゆっくり戻る状態であった。血液検査データは、赤血球580万/μL、白血球12,500/μL、Hb16.8g/dL、Na152mEq/L、K4.0mEq/L、Cl109mEq/L、クレアチニン0.9mg/dLであった。尿比重1.035。受診時の身長165cm、体重57kg(発症前60kg)。
      A君の状態に対するアセスメントとして適切なのはどれか。
      1. 1.貧血である。
      2. 2.低カリウム血症である。
      3. 3.高ナトリウム血症である。
      4. 4.循環血液量が増加している。
      5. 5.ツルゴール反応は正常である。
      解答を見る 解答:3
    • 第 102 問
      A君は熱中症heat illnessと診断された。点滴静脈内注射の後、A君の状態は回復し、家族とともに帰宅することとなった。付き添いのB教諭から、今後の部活動における熱中症予防について看護師に相談があった。
      熱中症予防のための指導内容で適切なのはどれか。
      1. 1.袖口の狭い服の着用を促す。
      2. 2.口渇がなくても水分摂取を促す。
      3. 3.湿度が高いときに部活動をする。
      4. 4.休憩は90分に1回を目安にする。
      解答を見る 解答:2
  • 次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
    A君(13歳、男子)。2週前から下腿の紫斑、腹痛、膝関節の疼痛が出現し、近くのクリニックを受診した。血尿および蛋白尿も認められたため、病院を紹介され受診した。既往歴および家族歴に特記すべきことはない。
    身体所見:体温36.7 ℃、血圧110/66mmHg。意識清明。腹痛、浮腫なし。両膝関節の軽度の疼痛があるが、腫脹および発赤なし。両下腿に紫斑が散在している。
    検査所見:血液所見:赤血球470万/μL、白血球5,600/μL、血小板21万/μL。プロトロンビン活性〈PT活性〉105%(基準値80〜120%)、活性化部分トロンボプラスチン時間〈APTT〉32.0秒(基準対照31.2秒)。クレアチニン0.56mg/dL、アルブミン3.7g/dL、CRP0.1mg/dL。補体価(CH50)41IU/mL(基準値30〜45IU/mL)、抗核抗体陰性。尿所見:蛋白3+、潜血2+、赤血球50〜99/1視野。

    • 第 103 問
      A君の状態から最も考えられる疾患はどれか。
      1. 1.川崎病Kawasaki disease
      2. 2.血友病Ahemophilia A
      3. 3.急性リンパ性白血病acute lymphoblastic leukemia
      4. 4.全身性エリテマトーデスsystemic lupus erythematosus〈SLE〉
      5. 4.Henoch-Schönlein〈ヘノッホ・シェーンライン〉紫斑病Henoch-Schönlein purpura〈IgA血管炎〉IgA vasculitis
      解答を見る 解答:5
    • 第 104 問
      その後6か月間、A君は外来で経過観察となった。関節症状および紫斑は自然に消失したが、尿の異常と低蛋白血症は変わらず、その他の所見も変化がなかった。
      A君の尿の異常の確定診断をするために最も重要な検査はどれか。
      1. 1.腎生検
      2. 2.咽頭培養
      3. 3.腹部MRI
      4. 4.クレアチニンクリアランスの測定
      解答を見る 解答:1
    • 第 105 問
      検査の結果、A君は2年間のステロイド治療が必要と判断された。1か月後に外来受診の予定である。
      看護師からA君に対して行う生活指導で適切なのはどれか。
      1. 1.「水分を積極的に摂取してください」
      2. 2.「紫斑が出現したら記録してください」
      3. 3.「蛋白質を制限した食事を摂取してください」
      4. 4.「日光をなるべく浴びないようにしてください」
      解答を見る 解答:2
106 問 〜 第 120
  • 次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
    Aさん(32歳、男性)。自宅の部屋で多量の鎮咳薬を見つけた母親に心配され、自宅近くの病院を受診した。「5年前、仕事が忙しくなって風邪がなかなか治らないことがあった。そのときに処方された咳止めの薬を飲むと、頭がボーッとして気持ちが良かったのがきっかけで、近所の薬局で咳止めを買うようになった。3年前から飲む量が増えるようになり、やめられなくなっている。仕事もうまくいかなくなり、退職した」と言う。Aさんは紹介を受けた精神科を受診した。

    • 第 106 問
      このときにAさんから収集する情報として優先度が高いのはどれか。
      1. 1.排尿回数
      2. 2.咳嗽の有無
      3. 3.鎮咳薬の使用状況
      4. 4.生活上のストレス要因
      解答を見る 解答:3
    • 第 107 問
      Aさんは鎮咳薬による薬物依存症と診断され、任意入院となった。入院2週後、Aさん、主治医および担当看護師で、今後の治療について話し合った。Aさんは「今までは自分の力で薬をやめられると思ったけれど、やっぱりできなかった。仕事もしていないし、家に帰ったらまた薬を買ってしまいそうだ。今度こそ何とかやめたい」と話している。
      Aさんへの対応として最も適切なのはどれか。
      1. 1.服薬心理教育を実施する。
      2. 2.ハローワークを紹介する。
      3. 3.生活技能訓練〈SST〉を勧める。
      4. 4.薬物依存症者のリハビリテーション施設の情報を提供する。
      解答を見る 解答:4
    • 第 108 問
      さらに2週が経過し、Aさんは鎮咳薬の服用をやめる意思を強く固め、今後の依存症の治療について真剣に考えるようになった。Aさんの父親はAさんが幼少期のころ死亡しており、Aさんは母親と2人で暮らしていた。母親は週2回面会に来て、Aさんに対して小さな子どもに接するように世話をしていた。担当看護師が母親と今後のことについて話すと、母親は「私が何とかします。私しかこの子の力になってあげられないのです。本当はもっとAにしっかりして欲しい。でも、そう言うとAは怒ってしまいます」と話した。
      担当看護師の母親への声かけで適切なのはどれか。
      1. 1.「親戚で頼りになる方はいませんか」
      2. 2.「なるべく怒らせないようにすることが大切です」
      3. 3.「お母さんは今までどおりの関わりで良いですよ」
      4. 4.「Aさんが自分で自分のことをできるようにサポートしていきましょう」
      解答を見る 解答:4
  • 次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
    Aさん(23歳、女性)。両親との3人暮らし。Aさんは大学受験に失敗して以来、自宅に引きこもりがちになった。1年前から手洗いを繰り返すようになり、最近では夜中も起き出して手を洗い、手の皮膚が荒れてもやめなくなった。心配した母親が付き添って受診したところ、Aさんは強迫性障害obsessive-compulsive disorderと診断された。母親は、Aさんについて「中学生までは成績優秀で、おとなしい子どもだった」と言う。Aさんには極度に疲労している様子がみられたことから、その日のうちに任意入院となった。

    • 第 109 問
      入院後、Aさんは主治医と話し合い、1日の手洗いの回数を決めたが、毎日その回数を超えて手洗いを続けている。看護師が確認するといつも洗面所にいる。
      Aさんが決めた回数を超えて洗面所で手洗いを続けているときに、看護師がとる対応で適切なのはどれか。
      1. 1.手洗いを続けてしまうことについてAさんと一緒に話し合う。
      2. 2.病棟は清潔であることをAさんに説明する。
      3. 3.主治医にAさんの隔離について相談する。
      4. 4.Aさんと決めた手洗いの回数を増やす。
      解答を見る 解答:1
    • 第 110 問
      Aさんは、食事の時間以外は他の患者との接触を避け、病室で1人で過ごしている。両親は共働きで、毎日面会に来ることはできない。Aさんは自宅に面会の催促の電話をかけては母親と口論している。Aさんとの関わりに心身ともに疲れ果てた母親が、看護師に相談してきた。
      母親への看護師の対応で最も適切なのはどれか。
      1. 1.父親と交代で毎日面会に来るよう勧める。
      2. 2.Aさんからの自宅への連絡を制限することを約束する。
      3. 3.Aさんの代わりに看護師がAさんの苦悩を母親に伝える。
      4. 4.Aさんと母親との話し合いに看護師が同席することを提案する。
      解答を見る 解答:4
    • 第 111 問
      入院1か月後、手洗い行為は軽減してきた。Aさんはカーテンを閉め切って1人で過ごしていることが多いが、担当看護師や主治医とは治療についての話ができるようになってきた。Aさんは「薬を飲む以外にできることはありますか」と聞いてきた。
      このときのAさんに最も有効と考えられるのはどれか。
      1. 1.催眠療法
      2. 2.作業療法
      3. 3.認知行動療法
      4. 4.就労移行支援
      解答を見る 解答:3
  • 次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
    Aさん(76歳、女性)。夫(74歳)と2人暮らし。6年前にParkinson〈パーキンソン〉病Parkinson diseaseと診断された。現在、Hoehn-Yahr〈ホーエン・ヤール〉の重症度分類でステージⅢ、要介護1である。トイレと浴室には手すりが設置されている。レボドパ<L-dopa>を1日3回内服している。最近、足がすくむことが増えたため受診した。Aさんは主治医から「薬剤の効果を評価するために、服薬時間や生活の状況を日誌に記録しましょう。2週後にまた受診してください」と説明を受けた。

    • 第 112 問
      外来看護師が日誌に記録する内容をAさんに指導することになった。
      日誌に記録する内容で最も重要なのはどれか。
      1. 1.食事の量
      2. 2.便の性状
      3. 3.振戦の有無
      4. 4.排尿の回数
      解答を見る 解答:3
    • 第 113 問
      Aさんと夫は、2週後に日誌を持って受診した。レボドパ〈L-dopa〉の処方が1日4回に増量されることになり、病状管理と療養指導のためAさんは週1回の訪問看護を利用することになった。薬剤が増量されてから1週が経過し、足がすくむことが少なくなった。Aさんから「足がすくむようになってから浴槽に入るのをやめていたけれど、入浴しても大丈夫でしょうか」と訪問看護師に相談があった。
      Aさんに指導する内容で最も適切なのはどれか。
      1. 1.「レボドパが効いている時間に入浴しましょう」
      2. 2.「通所介護の入浴を利用しましょう」
      3. 3.「訪問入浴介護を利用しましょう」
      4. 4.「シャワー浴にしましょう」
      解答を見る 解答:1
    • 第 114 問

      ※採点除外等の取扱いをした問題

      【採点上の取扱い】採点対象から除外する。
      【理由】設問の状況設定が不十分で正解が得られないため。

      Aさんは「病気になる前は夫と近くの公園を毎日散歩していたけれど、最近は通院以外に外出をしていません。以前のように、夫と近くの公園を散歩したいな」と訪問看護師に話した。
      Aさんへの提案で最も適切なのはどれか。
      1. 1.歩行器の利用
      2. 2.電動車椅子の利用
      3. 3.住宅内の段差の改修
      4. 4.自宅でのリハビリテーションの実施
  • 次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
    Aさん(72歳、男性)。妻と2人暮らし。朝6時に、妻が一緒に寝ていたAさんの様子がおかしいことに気付き、救急車を呼んだ。Aさんは病院に搬送された。病院到着時、ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉 II-10。右片麻痺および失語がみられる。Aさんのバイタルサインは、体温37.0℃、呼吸数20/分、心拍数110/分、血圧150/90mmHg。身長160cm、体重60kg。頭部CTで明らかな異常所見はなく、頭部MRIを行う予定である。

    • 第 115 問
      妻から聴取したAさんに関する以下の情報のうち、治療方針を決定するために最も重要な情報はどれか。
      1. 1.5年前から禁煙していた。
      2. 2.最近、眠りが浅いと言っていた。
      3. 3.今朝5時にトイレから戻って来た。
      4. 4.健康診査を2年間受診していなかった。
      解答を見る 解答:3
    • 第 116 問
      Aさんは、左中大脳動脈領域の脳梗塞cerebral infarctionと診断され、組織プラスミノーゲンアクチベータ〈t-PA〉による血栓溶解療法が行われた。入院から2日後、右片麻痺は残存しているものの、ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉 I-3と改善がみられた。多職種カンファレンスで経口栄養を検討したが、言語聴覚士による評価では、Aさんは誤嚥のリスクが高いと判断され、経鼻胃管による経管栄養を行うこととなった。
      Aさんに行う経管栄養法について適切なのはどれか。
      1. 1.白湯から開始する。
      2. 2.開始前に胃残渣を確認する。
      3. 3.経鼻胃管挿入中は嚥下訓練を中止する。
      4. 4.1日の目標摂取エネルギー量は2,200kcalとする。
      解答を見る 解答:2
    • 第 117 問
      入院3日の20時、Aさんは覚醒し、点滴を触ったり、経鼻胃管を抜こうとしたりしており、落ち着かない様子である。
      担当看護師が最初に行う対応で適切なのはどれか。
      1. 1.身体拘束を行う。
      2. 2.早めに消灯をする。
      3. 3.バイタルサインを測定する。
      4. 4.向精神薬の使用を検討する。
      解答を見る 解答:3
  • 次の文を読み118、119の問いに答えよ。
    Aさん(34歳、経産婦)は、夫(35歳)と長男のB君(3歳)との3人暮らし。これまでの妊娠経過に異常はなかった。20時に体重3,150gの男児を正常分娩した。分娩所要時間は6時間30分、分娩時出血量は480mLであった。第1度会陰裂傷のため、縫合術を受けた。その他の分娩の経過に問題はなかった。

    • 第 118 問
      Aさんは翌日の2時に尿意があり、自然排尿があった。8時に「昨夜は後陣痛の痛みが強くて眠れませんでした。おっぱいを飲ませたら、後陣痛がさらに強くなって、汗が出てきました」と言う。子宮底の高さは臍高、子宮は硬く触れ、血性悪露が中等量みられる。Aさんのバイタルサインは、体温37.0℃、脈拍68/分、血圧125/70mmHgであった。
      このときのAさんへの対応で適切なのはどれか。
      1. 1.授乳を促す。
      2. 2.入浴を勧める。
      3. 3.骨盤底筋体操を指導する。
      4. 4.鎮痛薬の使用を医師に相談することを伝える。
      解答を見る 解答:4
    • 第 119 問
      産褥5日。Aさんの退院のため、夫とB君が迎えに来た。AさんはB君の自宅での様子を夫から聞いた。B君は「ご飯を食べさせてほしい」と訴えたり、「赤ちゃんを家に連れて来ないで」と泣いたりしていたという。そのことを知ったAさんはB君を抱きしめ、B君の話をゆっくり聞いていた。Aさんは退院後のB君への対応について心配になり、看護師に相談した。
      Aさんへの説明で最も適切なのはどれか。
      1. 1.「B君に好きな物を食べさせましょう」
      2. 2.「B君の世話は夫にしてもらいましょう」
      3. 3.「B君と一緒に赤ちゃんの世話をしましょう」
      4. 4.「B君に兄としてしっかりするように話しましょう」
      解答を見る 解答:3
  • 次の文を読み120の問いに答えよ。
    Aさん(82歳、男性)。長男夫婦との3人暮らし。4年前に認知症dementiaと診断された。Barthel〈バーセル〉インデックスは100点、Mini Mental State Examination〈MMSE〉は18点。環境の変化で落ち着きがなくなることがある。日頃は温泉旅行やカラオケを楽しんでいる。右外果にできた創傷から右下腿の腫脹と疼痛が出現したため病院を受診したところ、蜂窩織炎cellulitisと診断されて入院した。入院翌日、右下腿の腫脹と疼痛は続いている。担当看護師は、認知症dementiaの行動・心理症状〈BPSD〉を最小限にするための看護を計画することとした。

    • 第 120 問
      担当看護師が計画するAさんへの看護で適切でないのはどれか。
      1. 1.右下腿を足浴する。
      2. 2.右下腿を挙上する。
      3. 3.温泉旅行の話をする。
      4. 4.Aさんが好きな歌を歌う機会をつくる。
      解答を見る 解答:1

2017年度の看護師国家試験は、合格率91.0%、合格者数は58,682人でした。必修問題の合格基準は39点以上/48点又は38点以上/47点又は37点以上/46点又は36点以上/45点又は44点又は35点以上/43点又は34点以上/42点、一般問題・状況設定問題の合格基準は154点以上/247点でした。看護師国家試験は、出題基準の改定とともに内容は変わりますが、基本は過去問です。過去問・解答を普段からチェックする癖をつけておくと、過去問・解答の挑戦に改めて時間をとらなくても基礎力を高めることが出来るのでお勧めです。