看護系就職情報サイト 掲載病院数NO1

【キャリタス看護限定マンガ】花より看護 - あなたは誰を選ぶ?

とある看護学校に通う波多野由紀はたの ゆき(21歳)。
成績は学年一番。
品行方正、学校からの評判も良く、
さぞ立派な看護師になるだろうと
方々から噂されていた。

しかし由紀は自身の成績の良さ故に
「就職先なんてどこだって同じ」
と就職に対し積極的ではなかった。

そんな由紀の考えは
4人の医療関係者との出会いによって
大きく変わり始める―――

プロローグ:私、どうして看護師になりたいって思ったんだっけ。

ユキちゃんテンション低いじゃん、どうしたの?私に見合ったインターン先が見つからないんです。ナメてると後でヤバイよ。キャリタス看護使ってないの?病院掲載数No1の求人情報サイトだよ、国内にある1000以上の病院の情報が載ってるの。フォーラムの参加申し込みもインターンシップ先を探すのもこれ1つでいいんだよ。私にとってこの1年がこの人生で一番変われた1年だと思う。

無料でキャリタス看護に登録する

友達とシェアする

googleplus はてなブックマーク LINE

第1話:リッチドクターのお金の使い道

先輩に勧められて資料請求した病院から
やたら豪華な見学案内の封筒が届く。
これから街へ往診に向かうというが…

第2話:空を翔ける熱き外科医

病院大辞典を手に
インターンシップに申し込む由紀。
導かれるままに医療用航空機で空へ繰り出す。
そこへ緊急要請が入り…

第3話:全てを見通すアセスメント力

とある日の合同説明会の会場。
由紀はある病院の看護師と
うっかりぶつかってしまう。
すると、どこも痛くないのに
診療を提案され…

第4話:飽くなき厳しさと溢れる優しさ

最新設備が売りの病院へ
見学会を申し込んだ由紀。
事務部長に近寄り難い空気を感じるが
どうやら本当はそうではないようで…

エピローグ:私は自分の意思で、看護師になることを決めた。

キャリタス看護を通じて様々な人たちと出会った一年。その出会いは私の中の何かを変え、進むべき道を決めた。私は今、この「離党の診療所」で看護師として働いている。「自分のために、どこでもいいから」と考えていた私が、「誰かのために、看護が必要なところで」そう思うようになって、今この場所で生きている。私もあの人たちに近づきたい、そう思いながら。

自分に真剣に向き合ったら
好きなもの、やりたいこと、行きたいところ、
色々なことが見えてきた。
あなたはどんな看護師になりたいですか?