看護系就職情報サイト 掲載病院数NO1

【事前準備】|看護師の就職活動(就活)

How to 就職活動

Step 1まずは事前準備をしっかり

Point 1〈自己分析〉自分を知ることから始めよう

自己分析は就職活動を成功させるための第一ステップ。自分自身を見つめ直し、自分を理解することは、看護観を深め、自分に合った病院を選択する際や自分の方向性を定めるうえでとても大切です。迷うことも多いのが就職活動。自己分析チェックシートを作って、自分のことを整理しておくと、迷ったときや面接試験のときに大きな助けになります。この1年間、自信を持って乗り切るために、しっかりと自己分析をしておきましょう。

自己分析の仕方

1.自分の性格をさまざまな角度からチェック
自分が思う自分の長所、短所、性格を書き出すだけでなく、家族や友達から自分はどのように見られているのか、周囲の人に自分の印象を聞いてみましょう。比較することで客観的に自分を知ることができます。
2.自分史を時系列にしてまとめる
自分の全体像を把握する大切な作業です。アルバムなどを見ながら、子どもの頃から最近のことまで、いつ看護師になろうと思ったのか、実習体験で何を学んだのか、印象に残っていることを時系列で書き出してみましょう。
自己分析チェックシート

チェックシートを作って、頭の中にあるものを整理してみましょう。実際に書き出すことで客観的に自分を見つめることができます。できるだけ具体的に書くことがポイントです。次の項目を参考にオリジナルのシートを作ってみましょう。

自分のキャラクターを
チェックしよう

  • 自分で思うあなたの性格
  • 自分で思うあなたの長所
  • 自分で思うあなたの短所
  • 両親からの評価
  • 友達からの評価
  • 好きなこと、得意なこと
  • 嫌いなこと、苦手なこと
自分史をまとめよう
もっとも印象に残っている出来事と自分に大きく影響をしていること
それぞれの出来事を時系列にして、そのとき自分はどう感じたのかをいくつか書き出します。
看護師を目指そうと思ったきっかけ
いつ、どんな出来事がきっかけになったのか、具体的に書きましょう。面接などで志望動機を質問されることも多いので、きちんとまとめておきましょう。
実習体験で印象に残っているエピソードとそこで学んだこと
うれしかったこと、つらかったことなど印象に残ったエピソードを時系列にして、そこから学んだことを書き出しましょう。自分の看護観を深める助けになります。

Point 2〈目標の設定〉自分の理想と目標をまとめて、未来予想図を描こう

整理した自己分析をもとに、「将来どんな看護師になりたいのか」「自分のやりたい看護は何か」を具体的に書いてみましょう。自分が目指す理想像をイメージしたり、目標を設定することは、就職活動を行ううえで重要なポイントです。早いうちに設定しておくと、自分の看護観が深まり、未来像も明確になるので、病院見学や説明会、病院体験などがより現実味を持ち、自分に合った病院を見つけやすくなります。さあ、未来ノートに自分の未来予想図を描いてみましょう。

未来ノート
目標とする看護師像は
看護学校に入学した頃には、どんな看護師を目指していたのか振り返ってみましょう。理想像は病院体験などを通して変化するかもしれません。変化した理由と一緒に、今の理想像もしっかりと書きとめておきましょう。
あなたの得意な分野は
看護の中で何が得意か整理しておきましょう。どんな看護をやっていきたいのか、講義や病院実習などの体験を通して感じたことを書きとめておきましょう。
どんな看護をしたいのか
ひとくちに病院といっても種類はさまざま。看護観は、病院を選ぶ大きなポイントになります。迷ったら、学校の先生や先輩に相談したり、友達の看護観を聞いてみるのもいいでしょう。
人生の目標は
遊びのつもりで、未来予想図を描いて見ましょう。5年後、10年後、15年後、20年後になりたい看護師としての自分、人生の目標を設定してみてください。

Point 3〈就職活動ノート〉就職活動の記録づくりの準備をしよう

自己分析と目標設定ができたら、病院をチェックするための就職活動ノートづくりにとりかかりましょう。見学会や説明会で集めた情報や印象を病院ごとに整理して、評価しておくと便利です。さらに、自己分析チェックシートや未来ノートと照らし合わせると、希望する病院が自分に合っているか判断しやすくなります。使いやすいように工夫して自分だけの就職活動ノートを作ってみましょう。

  1. 病院名・連絡先
    共通のフォーマットを作り、病院ごとにまとめて比較を。
  2. 資料請求
    請求した資料の着・未着、資料の内容をチェックしたか□に記入。
  3. 見学会・説明会
    申し込み:申し込みをしたか□にチェック。参加日は第2候補まで記入しておき、決まった日程に○をつけるとわかりやすい。
    確認事項・感想:見学会当日に確認しておきたい事項をまとめて、印象を忘れないよう参加後に感想を記入しておきましょう。
  4. 先輩訪問
    先輩を訪問して、印象に残った言葉やアドバイスを書きとめておきましょう。
  5. 評価チャート
    病院の満足度を5段階で評価しておくと、ひと目で判断しやすい。
  6. 書類提出
    病院ごとに提出しなくてはいけない書類と期限を記入し、用意できたら□にチェックを。
  7. 採用試験
    応募の有無、試験日を記入。さらに内定時期を調べておくと受験スケジュールを組むときに便利。試験内容もまとめておきましょう。
  8. 面接
    質問の内容など面接で確認しておきたいことを記入しておき、面接前にチェックを。
  9. 自己採点・感想
    採用試験終了後に記入。試験の内容、反省点などを書きとめて次回の参考に。
  10. 入職について
    入職オリエンテーションの日程等を記入。

〈チェックポイント〉

  • 雰囲気
    病院内に活気はあるか、スタッフや患者さんの表情はどうかなど。
  • 教育
    院内の教育プログラムや教育の支援体制が充実しているかなど。
  • 看護・医療
    看護や医療方針が自分の考え、理想に合っているか、自分の希望する診療科があるかなど。
  • 設備・福利厚生
    外来待合室や病室だけでなく、スタッフが働きやすい環境か、院内保育施設などの子育て支援体制が整っているかなど。
  • 交通の便
    寮や自宅から通いやすいか、交通の便はいいかなど。
  • トータル
    自分が働きやすい病院かどうか総合的に判断しましょう。

チェックポイントチェックポイント

キャリタス看護では、皆さんが看護師として就職活動の準備にがスムーズに進められるようよう準備段階に合わせて案内しています。このページでは、事前準備について説明しています。わかっているようで意外な落とし穴があるのが就職活動です。採用する側も人間です、印象やイメージは判断基準においてとても重要なものの一つになります。皆さんが希望の看護師となれるよう一歩一歩を大事にしていきましょう。是非、事前準備についても確認してみて下さいね。