【大阪大学医学部附属病院】の看護師(ナース)就職・転職・求人・採用情報

大阪府・大学病院

大阪大学医学部附属病院 (おおさかだいがくいがくぶふぞくびょういん)

大阪大学医学部附属病院は高度で先進的な医療の開発・実践、社会・地域貢献、教育面では優れた医療人の育成を基本方針に掲げています。
看護部は、患者さんがこのような医療を安全に安心して受けることができるように、確かな知識・技術に裏打ちされた心のこもった看護を目指しています。また自律した看護師の育成を重視して、教育専従者や専門看護師・認定看護師などのスペシャリストが力を合わせ、皆さんをサポートします。

住所 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-15
病院種別
  • 大学病院
病床数 1,086床
病床数備考 精神52床
職員数 2,499名
看護職員数 1,012名
看護体系 一般病床 7:1 特定病床 2:1~4:1 
募集職種
  • 看護師
  • 助産師
勤務体制
  • 交代制
  • 看護宿舎
  • 退職金制度
  • 保育施設
  • 被服貸与
  • 教育制度
患者本位の安心・安全な全人的医療の提供
高度先進医療・未来医療の開発・実践、優れた医療人の育成

採用担当者からのメッセージ

看護実践・教育・管理・研究の能力を育み、さらに専門性を高めるための支援体制を整備しています。

大阪大学医学部附属病院でしかできない高度先進医療に対応した安全で質の高い看護を実践できるよう、新採用時からプリセプターを中心とした現場教育や教育専従者による一人ひとりに目が届く少人数制の集合教育を実施しています。現場教育ではプリセプターとサブプリセプターがひとりのプリセプティを担当するトリプル体制をとり、プリセプターシップが円滑に行われるようにプリセプターリーダー、教育担当副看護師長が支援を行います。また教育専従者と連携を密に行うことで、現場教育と集合教育の連携強化に努めています。

新卒採用要項

募集要項
勤務体制
  • 交代制
募集職種
  • 看護師
  • 助産師
応募資格

看護師、助産師資格取得予定者

募集人員

120名

選考方法
面接 個別
必要書類
履歴書 自筆履歴書(所定用紙:コピー可、サイズA4)
成績証明書
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
月額給与

2016 年 1月 実績

条件 合計 基本給 諸手当
看護師(4大卒) 285,646円 224,672 60,974円
看護師(3年制短大卒) 274,068円 214,256円 59,812円
助産師 289,132円 227,808円 61,324円
月額給与内訳 ※基本給=本俸+一律地域手当
※諸手当=夜勤4回、超過勤務10時間の場合の夜間看護・夜勤・超過勤務手当です
その他の諸手当 通勤手当、住居手当、扶養手当など
高度救命救急センター・集中治療部・精神科病棟・手術部など特殊な勤務部署は給与に調整額を加算
勤務時間 2交代制/実働週40時間
※夜勤回数は毎月4~5回程度(平成27年度実績)
勤務時間説明
勤務名称 勤務時間 備考
2交代制(病棟)日勤 8:30 ~ 17:15
2交代制(病棟)夜勤 15:45 ~ 9:30
2交代制(手術部)日勤 8:30 ~ 17:15
2交代制(手術部)夜勤 15:15 ~ 9:00
勤務地 大阪大学医学部附属病院
昇給・賞与 昇給:年1回 賞与:年2回
休日 4週8休制、国民の祝日、年末年始など
休暇 年次有給休暇20日、夏季休暇、結婚休暇、産前産後休暇、育児・介護休業など
加入保険制度 国家公務員共済組合、労働保険(雇用・労災)に加入
看護宿舎
敷地内女性専用宿舎、敷地外レオパレス(男性入居優先)
奨学金制度
退職金制度
通常制度のほかに退職金が先払いとなる特別賞与制度あり
保育施設
大学敷地内に2施設あり(病児・病後児保育可)
被服貸与
ワンピース1種類チュニック4種類パンツ 2種類から選択、6セット貸与、クリーニング有、上着・靴配布
教育制度
クリニカルラダー制度、プリセプター制度、自己啓発休職制度など
その他福利厚生 赴任旅費
新人歓迎会、雛まつり、運動会、送別会

病院基本情報

大阪大学医学部附属病院
設置体
  • 国立大学病院

国立大学法人

病院種別
  • 大学病院
日本医療機能評価機構認定 有 (Ver.6)
機能・特質

特定機能病院

病床数 1,086床
病床数備考

精神52床

職員数 2,499名
看護職員数 1,012名
看護体系 一般病床 7:1 特定病床 2:1~4:1 
専門看護師
  • がん看護
  • 精神看護
  • 小児看護
認定看護師
  • 救急看護
  • 皮膚・排泄ケア
  • 緩和ケア
  • がん化学療法看護
  • 感染管理
  • 糖尿病看護
  • 不妊症看護
  • 新生児集中ケア
  • がん放射線療法看護
  • 慢性呼吸器疾患看護
  • 慢性心不全看護
住所 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-15
交通機関1 大阪モノレール「大阪空港」駅・「門真市」駅方面から「万博記念公園」駅にて乗り換え、「阪大病院前」駅下車すぐ
交通機関2 JR東海道本線「茨木」駅からバス「阪大医学部病院前」下車徒歩1分
代表電話番号 06-6879-5111(代)
FAX 06-6879-6024(看護部)
URL http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/hp-nurse/
院長 野口 眞三郎
看護部長 越村利惠
外来患者数(1日平均) 2430名
入院患者数(1日平均) 930名
診療科目数 32診療科
診療科目
  • 精神科
  • 神経内科
  • 呼吸器内科
  • 呼吸器外科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 循環器内科
  • 小児科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 脳神経外科
  • 心臓血管外科
  • 小児外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産科
  • 婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 放射線科
  • 歯科
  • 麻酔科

腎臓内科、内分泌・代謝内科、免疫・アレルギー内科、血液・腫瘍内科、老年・高血圧内科、漢方医学科、乳腺・内分泌外科、頭頸部外科、脳卒中科、神経科、放射線治療科、核医学診療科、病理診断科

附属施設・関連施設 中央診療施設:手術部、放射線部、高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター、集中治療部、小児医療センター、呼吸器センター、脳卒中センター、ハートセンター、消化器センター、内視鏡センター、移植医療部、リハビリテーション部、血液浄化部、総合診療部、保健医療福祉ネットワーク部、薬剤部、医療情報部、感染制御部、中央クオリティマネジメント部、遺伝子診療部、臨床検査部、輸血部、栄養マネジメント部、病理部、材料部、サプライセンター、MEサービス部
卒後教育:卒後教育開発センター、看護部キャリア開発センター
附属施設:最先端医療イノベーションセンター棟(未来医療開発部)、オンコロジーセンター棟(化学療法部)

お問合せ先

お問合せ部署

看護部管理室

担当者名

岩崎 朋之

所在地

大阪府吹田市山田丘2-15

お問合せ部署電話番号

06-6879-6022

(直)

E-mailアドレス

kangobu-jimu@hp-nurse.med.osaka-u.ac.jp

大阪大学医学部附属病院就職・求人情報をご覧いただきました皆さんへ

大阪大学医学部附属病院就職・求人はご希望の条件と合致しましたでしょうか、少しでも気になる部分があれば、医療機関・施設へのお問い合わせをしてみませんか。資料請求をしていただくのもいいですし、まだ、少し比較検討したいなと思う場合は、気になる機能を使ってみてはどうでしょうか。大阪大学医学部附属病院就職・求人について新着情報があった場合には、自動的に通知連絡がありますので常に最新情報を確認することが出来ます。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。

大学病院について

身につくスキル

大学病院で働く場合に身につくスキルとしては、まず体系化された教育環境の中で働くことによって身につくスキルそのものが大きな特徴であると言えます。大学病院においては、体系化された教育内容が提供されていることも多いようです。その環境の中では、高度な医療・看護を含め専門性の高い内容まで医療知識・技術の習得が可能です。また、医療機関にもよりますが、シミュレータなど看護技術の習得のために必要な最新機器が充実した環境である場合も多く存在しています。一方で業務の分業化が進んでいるために患者さんへの処置などにおいてその殆どを看護師が対応するわけでもない場合もあるようです。また、大学病院自体は広い範囲での医療を提供しているものの組織自体が大きいために一人の出来ることは限られてしまい、スキルが深く狭くなってしまう場合もあるようです。

特徴

一般的に、大学病院の特徴は、臨床における診療機能のみでなく研究・教育を行う大学の附属施設である場合が多く存在しています。そのため、大学病院は教育・診療・研究の各機能を併せ持った施設であると言えます。実施されている診療内容についても専門性の高い高度な医療技術が多くあり、設備環境も整っていることが多いのも特徴的です。そのため、大学病院で医療従事する場合は、専門性の高い業務をすることが多いことも特徴的と言えます。また、大学病院は、医学・歯学に関する学部に附属している場合が多くありますが、看護・医療技術・リハビリテーション・薬・福祉系大学(又は学部等)を要する大学の附属施設となっていることもあります。