【聖マリアンナ医科大学】のインタビュー

神奈川県・一般病院・専門病院・大学病院

聖マリアンナ医科大学 (せいまりあんないかだいがく)

(聖マリアンナ医科大学病院・東横病院・横浜市西部病院・川崎市立多摩病院)

横浜市西部病院は教育体制の整っている病院なので、安心して入職することができました。

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 横浜市病院協会看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

消化器外科病棟には、周手術期の患者が多く、術前から術後の回復過程の看護をしています。急性期では、術後の疼痛コントロールを図りながら効果的なリハビリができるよう日常の生活を支援しています。また、化学療法や終末期の患者さまも入院されているので、患者さまのQOLを維持しながら日々の援助を通して学びとなっています。

印象に残っているエピソードを教えてください。

終末期患者のご家族と一緒にエンゼルケアを初めてしたことが印象に残っています。一緒にケアする際に何と声を掛けてよいかわからず不安でしたが、元気だった頃の患者さまのことや入院中の患者さまの様子を話しながらケアをすることができました。ご家族から「最期に一緒に過ごせて良かった」という言葉を聞けたことが記憶に残っています。このことを機にご家族や患者さまの思いに寄り添った関わりをしたいと思いました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さまが自宅に戻る時には、生活に合わせた退院指導が必要なので、コミュニケーションを取りながら自宅での情報を得るようにしています。その中で患者さまの希望に沿う関わりができた時に患者さまの表情が「笑顔」になり、やりがいを感じます。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

インターンシップに参加した際に、病棟の雰囲気の良さが印象的だったのが、入職を決めた切っかけです。また、臨地実習の経験があり、その際にも細かく丁寧な指導を受けていたことや教育体制が整っている大学病院で働きたいと思っていたことが志望の理由です。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

病棟や病院の雰囲気の良さ、教育体制の整っている所を重視しました。そして、実家から通いやすい所も病院選びの決め手でした。