【聖マリアンナ医科大学】のインタビュー

神奈川県・一般病院・専門病院・大学病院

聖マリアンナ医科大学 (せいまりあんないかだいがく)

(聖マリアンナ医科大学病院・東横病院・横浜市西部病院・川崎市立多摩病院)

幼き頃の「母の夢を叶えてあげたい」という気持ちが看護師を目指すきっかけとなりました。

オルタネイト
  • 循環器内科
  • 心臓血管外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 東京工科大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

病棟の雰囲気が良かったからです。またインターシップで病院紹介のムービーを見せて頂いたのですが先輩方や先生のインタービューがあり、引きこまれるような内容で働きたくなりました。看護部長さんから西部病院は「人が温かい」「人間関係が良い」とお話を伺って「ここにしよう!」と思いました。

働いてみて気付いた病院の良いところ、ギャップはなんですか?

他職種とのつながりが多くあると感じています。私のいる病棟ではカンファレンスの日が決まっていて毎週どの患者さんについて話し合うかを決め、医師、看護師、コメディカルが連携してどう関わっていったら良いのか方向性を共通認識できるようにしています。あとは、先輩方がとても優しいです。「大丈夫?」と声をかけて下さったり、終わってない仕事があれば手伝ってくれたり、いつも助けてもらっています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

受け持った時は点滴や酸素など附属物が多く付いていて1人では働くことが出来なかった患者さんが日にちが経つごとに1つずつ附属物が外れ安静度がアップし、元気になって退院される姿を見たときは素直に嬉しかったです。私はすごく不器用なのでケアや処置等先輩方がやるよりも時間がかかってしまい患者さんに迷惑をかけることがありますが、「いつもありがとう」「上手だよ」という患者さんの言葉に救われ、やりがいを感じました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

自分の目で確かめたかったのでインターシップに参加しました。実際に働いている先輩方の姿も見られたし、コミュケーションを多くとっているなと感じ、率直に「雰囲気が良いな」「仲が良さそうだな」「楽しそうに働いているな」と思いました。話を聞いているだけでは分からないし、働くのは自分なのでインターシップなど体験できるものに参加することをおすすめします。

看護学生のみなさんへ!

横浜市西部病院は本当に仲が良いと思います。先輩方も話しやすいし、チューターさんも年が近いので相談しやすいです。新人に向けた教育プログラムも整っているし、毎月他の病棟の同期と研修で会えることが嬉しいです。病棟ではまだ経験できていないケア、処置があれば見学・実施できるよう業務調節をして下さっています。急性期の病院なので忙しいですが、働きやすい環境が整っていると思います。