【聖マリアンナ医科大学】のインタビュー

神奈川県・一般病院・専門病院・大学病院

聖マリアンナ医科大学 (せいまりあんないかだいがく)

(聖マリアンナ医科大学病院・東横病院・横浜市西部病院・川崎市立多摩病院)

一緒に入職した同期と楽しいことや辛いことを共有し、お互いを支え合って日々の業務を頑張っています。

オルタネイト
  • 救急災害医療センター
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 了徳寺大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

過去に川崎市立多摩病院に入院したことがあり、その時に病棟の看護師さんに優しく接してもらうことが多くありました。「雰囲気の良い病棟だな。こんな環境の良い病棟で働くことができたら、看護師としての成長にもつながる。」と思い、入職を決めました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

ICUに入院していた患者さんが、一般病棟へ転棟する時や退院する時に、僕の名前を憶えていてくれて、「ありがとう。」と言ってくれた時に、患者さんとの距離が縮まったと感じてとても嬉しかったです。また、患者さんのご家族から御礼の言葉をいただいた時は、「頑張っていてよかったな。」と感じます。

働いてみて気付いた病院の良いところ、ギャップはありますか?

看護技術の習得に対して、ナーシングスキル(日本版)を導入しています。院内はもちろん自宅でもインターネットを通じて、最新の看護技術や専門領域などを学ぶことができます。また、入職時に一人1冊のキャリアファイルが配布され、集合教育やOJTにより段階を踏まえて技術の習得、向上を図ることができるようになっています。さらに、実施指導者「メンター」が新人「メンティ」の悩みを聞いてくれてフォローしてくれます。

どのような教育・研修を受けましたか?

病院の研修では、基本的な清潔ケアや採血や注射といった学生では行わなかった看護技術の講義と実技演習を行っています。現場でいきなり患者さんに実践することはとても不安です。研修することで、手順や注意するポイントを踏まえて臨むことができるので、とても心強い研修です。

看護学生のみなさんへ!

先輩ナースからたくさんアドバイスをもらえとても勉強になる毎日です。厳しいこともありますが、優しい先輩や同僚がいて、とてもアットホームな病院なので一緒に働きましょう。