【東京保健生活協同組合】のインタビュー

東京都・一般病院・療養型・東京保健生活協同組合

東京保健生活協同組合 (とうきょうほけんせいかつきょうどうくみあい)

東京健生病院・大泉生協病院

無差別平等の医療を目指す病院!

オルタネイト
  • 内科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 勤医会東葛看護専門学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

私は、もともと無差別平等の医療を目指している民医連の病院で働きたいと考えていました。そして看護学校も系列の学校を選びました。就職活動時、都内で探したところ大塚と大泉学園に病院がある東京保険生協が通いやすいのではと考え、入職を決めました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

私が病院選びで重視した点は以下の4点です。

●病院の理念
●通いやすさ
●職場の雰囲気
●給与など福利厚生面

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

1年生のときは、職場環境に慣れることが大変でした。常に緊張感があり、家に帰った時にはぐったりでした。また部屋持ちを行うようになってからは患者様の病態を学びアセスメントすることに苦労しましたし、今でも勉強中です。そんな中でも患者様や先輩からの温かい言葉を聞くと、頑張ろうと思えます。

新人研修の特長は?

プリセプター制度を導入しています。決まった先輩とのマンツーマンの指導なので質問などしやすく良いと思います。看護系の研修の他に『国会行動』など社会に目を向ける研修もあり、患者様の今後の生活(入院後)を考える上で役に立つと思いました。