【東京保健生活協同組合】のインタビュー

東京都・一般病院・療養型・東京保健生活協同組合

東京保健生活協同組合 (とうきょうほけんせいかつきょうどうくみあい)

東京健生病院・大泉生協病院

全ての人に平等に医療を提供できるという環境にひかれて…。

オルタネイト
  • 内科
  • 看護師
  • 職歴4年
  • 共立高等看護学院出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

私の配属された一般内科は、特定の器官や疾患ではなく、多角的に患者様を捉えることが求められる複合診療科に近い役割を持っています。自分自身が広い分野で医療や看護を学べることと、一つの疾患だけでなく、さまざまな問題や疾患を抱えている方々が増えてきている昨今の世の中において、当院は地域のニーズが非常に高いと感じました。看護師として多くの人に貢献できるのではないかと考え、入職を決心しました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

自分の看護観と、当院の医療理念が一致しているかという点を重視しました。自分のしたい看護が実践できなければ、働いている内に軸がブレてしまい、自分の目標を見失ってしまうと思ったからです。当院では、HCUや個室でも差額代を頂かず、患者様の病状に応じて病室の決定をしています。そういった全ての人に平等に医療を提供ができるという環境が、困っている人を分け隔てなく支援したいという自分の看護観と一致していました。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

学生の時とは異なり、『担当看護師』として命を預かっているという責任の重さに悩みました。その悩みに、真摯に向き合ってくださる上司や、想いを共有できる同期のお陰で、今ではその責任の重さが、誇りだと感じています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

当院は東京都の二次救急医療機関であるため緊急入院も多く、優先順位を考えながら多重課題をこなす必要があります。生命に関わることが第一優先ではありますが、最初はそれだけで精一杯になってしまい、悩みました。改善のため毎日振り返りをし、行動計画を見直すことで、患者様と向き合う時間を作ることができ、患者様から感謝の言葉を頂けました。経験を積んでも日々の振り返りと勉強を大切にし、より良い看護を提供したいです。

新人研修の特長は?

他院と比較し、新人が少人数であるため、個々の成長スピードに合わせて研修や指導の計画を立ててもらえることが特長です。常に周囲から目を配っていただき、病棟全体で育ててもらいました。
当院ではプリセプター制度を導入しており、3 年目の先輩が自分を担当して下さり、経験年数が近いからこそ、悩みを共感してもらえたり、自己学習の方法や振り返りの方法など、経験を踏まえた実践に結びつくアドバイスをして頂きました。