【東京保健生活協同組合】のインタビュー

東京都・一般病院・療養型・東京保健生活協同組合

東京保健生活協同組合 (とうきょうほけんせいかつきょうどうくみあい)

東京健生病院・大泉生協病院

継続は力! 「ここでなら1年間頑張れる!」という病院を見つけて!

オルタネイト
  • 内科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 東京都立北多摩看護専門学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

第一に、高校生の時に1日看護体験をさせて頂き、病棟内も明るく、良いイメージを持ったこと。
第二に、学校の実習を行っていくなかで、呼吸器、消化器、神経内科など専門的な病棟がたくさんあるけれど、自分は専門性に特化せず広い知識を得たいと思ったので、一般急性期のあるこの病院に決めました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

自分が何を学びたいか、患者さんに何をしたいか、どういう看護師になりたいか、自分の目標を達成できる機能のある病院であるかということが重要だと思います。たとえば、病気の超急性期を看たいのならば大学病院など大きいところを選ぶべきですし、患者のその後の生活まで看たいのならば地域に根差した病院がよいかと思います。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

覚えるべき疾患が多く、治療も患者それぞれなので治療の流れについていくのがたいへんでした。
厳しく先輩に指導いただくこともあれば、テキストなどを持ってきていただき、分かりやすく指導してくれることもあり、病棟全体で1年生を育てていく感じが嬉しかったです。

看護学生のみなさんへ!

自分の目標に沿った病院を選ぶことはとても大切です。ですが、まずは、「1年ここでなら頑張れる!」と思うような病院を見つけられたらよいかと思います。看護師の仕事も継続は力です!