【東京保健生活協同組合】のインタビュー

東京都・一般病院・療養型・東京保健生活協同組合

東京保健生活協同組合 (とうきょうほけんせいかつきょうどうくみあい)

東京健生病院・大泉生協病院

病棟全体に見守られ、育てられました!

オルタネイト
  • 内科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 東京医科大学看護専門学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

 高校生の時、進学関連の掲示板に当院の奨学生募集のチラシを見つけ学校経由で病院に連絡、その後母と病院へ説明を聞きに行きました。地域密着型の病院で、地域を支える看護を行っているとわかり、まだ看護のイメージはしっかり湧いていなかったものの、自分もこの病院で働いてみたいと思い、奨学生に応募を決意。その後無事奨学生となり、定期的に病院での勉強会などに参加しながら、看護学生時代を過ごし、当院へ入職しました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

 働いているスタッフや患者など、病棟の雰囲気が自分と合っているかだと思います。もちろん、自分が学びたい分野に進むことも大事ですが、長く続けられるかどうかは、この部分が大きく関わってくるのではないでしょうか。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

 今までずっと学生として過ごしてきて、初めての社会人となり環境がガラッと変わったので、なかなか気持ちが追いつきませんでした。仕事自体も、行動計画の立て方から技術の実施まで、常に気を張るので疲れの大きな日々でした。でも病棟全体で見守ってくれ、先輩看護師たちも私の成長スピードに合わせながら指導してくれたため、大変な中でも楽しく1年目を過ごすことができました。

新人研修の特長は?

新人の人数が少ないため、病棟全体に育ててもらったという感じです。分からないことはすぐ先輩に聞けるような環境で、非常に助かりました。また夜勤研修が秋~冬頃と遅めにあるので、ゆっくり仕事を覚えてから夜勤に臨めました。