【東京保健生活協同組合】のインタビュー

東京都・一般病院・療養型・東京保健生活協同組合

東京保健生活協同組合 (とうきょうほけんせいかつきょうどうくみあい)

東京健生病院・大泉生協病院

退院後の在宅療養を見据えた支援が魅力です!

オルタネイト
  • 内科
  • 看護師
  • 保健師
  • 職歴2年
  • 東京医療保健大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

 私は、老年看護実習で訪問看護師やケアマネージャーの働きを学び、在宅医療・看護に興味を持つようになりました。そのため就職活動では、慢性期病棟など患者様がリハビリをしながら在宅へ戻ることを目標にしている病院を調べました。東京健生病院に2015年から新設された『地域包括ケア病棟』では、病院内の医療・看護だけでなく、退院後の在宅療養生活を見据えた在宅復帰支援のための看護ができると知って魅力を感じました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

 学校ではポートフォリオを導入しており、自己の目指している目標は何かを経験から自己分析し修正しながら明確にしていくことができました。そのため、病院を選ぶときにも自分の目標と照らし合わせて病院の理念や病棟の特徴を重視しました。また、教育プログラムにも注目しました。入職に当たり不安も多いため、個人の成長に合わせて研修調整を行っているかどうか調べました。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

 私が一番不安だったことが、受け持つ患者様が1人では無い事です。学校の実習でも1人しか受け持つことが無かったため、人数が増えたときにはリハビリや検査の時間を考慮した行動計画を組み立てることに苦労しました。しかし、先輩方が一緒に考え指導して下さったおかげで突然の出来事があっても計画を練り直すことができました。1年目の経験から、今では予定が突然変更することになっても冷静に対処できるようになりました。

新人研修の特長は?

地域住民に身近な病院として、フィールドワークを通して地域のことについて知る機会がありました。連携している介護老人保健施設や診療所なども巡り、患者様の生活背景をイメージしやすくなりました。また、2ヶ月に1回メンタルヘルスサポートとして心理カウンセラーとの面談や、自己分析をする場が設けられています。実際に病棟でも活用できるような先輩方に対する質問や依頼の仕方なども教えてもらうことができました。