【福岡赤十字病院】の看護師(ナース)就職・転職・求人・採用情報

福岡県・一般病院

福岡赤十字病院 (ふくおかせきじゅうじびょういん)

 キャリア開発ラダーに沿った教育プログラムも充実しており、一人ひとりのステップアップを支援しています。

住所 〒815-8555 福岡市南区大楠3丁目1-1 地図
病院種別
  • 一般病院
病床数 511床
職員数 992名
看護職員数 526名
看護体系 7:1
募集職種
  • 看護師
勤務形態
  • 交代制
  • 退職金制度
  • 被服貸与
  • 教育制度

新卒採用要項

募集要項
勤務形態
  • 交代制
募集職種
  • 看護師
応募資格

有資格者または資格取得予定者

募集人員

50名程度

選考方法
面接
筆記試験
必要書類
履歴書
卒業見込証明書
成績証明書
健康診断書
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
月額給与

2014 年度 実績

条件 合計 基本給 諸手当
大卒 288,474円
短大卒 281,651円
看護学校3年卒 281,651円
看護学校2年卒
月額給与内訳 ※上記は、基本給(俸給)+地域手当+諸手当の合計金額です。
大卒:203,900円+20,390円+64,184円
短大卒・看護学校3年卒:198,300円+19,830円+63,521円
※上記の諸手当は、深夜手当(夜勤3回分)、住居手当(家賃の半額、上限28,500円)です。
その他の諸手当 扶養手当(1人目13,3000円、2人名以降6,500円他)、通勤手当(最高55,000円)、時間外手当等
勤務時間 2交代制
日勤  8:30~17:10
夜勤  20:00~9:00 等
勤務地 福岡市南区大楠3丁目1-1
昇給・賞与 賞与/年2回、さらに正規職員は昇給/年1回
休日 週休2日制、祝日、創立記念日(5月1日)
休暇 夏季休暇3日間、年末年始6日間、さらに正規職員は年休21日/年(初年度は15日)
加入保険制度 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、さらに正規職員は日赤厚生年金基金
看護宿舎
賃貸マンションの紹介あり
奨学金制度
退職金制度
保育施設
被服貸与
教育制度
その他福利厚生 院内クラブ活動、院内旅行、院内忘年会、職員誕生会、等

病院基本情報

福岡赤十字病院
設置体
  • 日赤病院
病院種別
  • 一般病院
日本医療機能評価機構認定 有 (Ver.4.0)
機能・特質

救急告知病院、災害拠点病院、臨床研修指定病院、開放型病院

病床数 511床
職員数 992名
看護職員数 526名
看護体系 7:1
住所 〒815-8555 福岡市南区大楠3丁目1-1 地図
交通機関1 西鉄バス 「日赤前」バス停下車
交通機関2 西鉄大牟田線 「高宮」 駅より徒歩7分
代表電話番号 092-521-1211(代)
URL http://www.fukuoka-med.jrc.or.jp
院長 寺坂 禮治
看護部長 松永 由紀子
外来患者数(1日平均) 979.2名
入院患者数(1日平均) 482.3名
診療科目数 35科
診療科目
  • 内科
  • 精神科
  • 呼吸器内科
  • 呼吸器外科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 循環器内科
  • リウマチ科
  • 小児科
  • 外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 脳神経外科
  • 心臓血管外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 歯科
  • 歯科口腔外科
  • 麻酔科

肝臓内科、糖尿病・代謝内科、内分泌内科、腎臓内科、感染症内科、脳・血管内科、乳腺・内分泌外科、移植外科、救急科、病理診断科 血液・腫瘍内科

付属施設・関連施設 訪問看護ステーションを併設しています。

お問合せ先

お問合せ部署

人事課

担当者名

今村 純二

所在地

福岡市南区大楠3丁目1-1

お問合せ部署電話番号

092-521-1211(2407)

E-mailアドレス

j-imamura@fukuoka-med.jrc.or.jp

福岡赤十字病院就職・求人情報をご覧いただきました皆さんへ

福岡赤十字病院就職・求人はご希望の条件と合致しましたでしょうか、少しでも気になる部分があれば、医療機関・施設へのお問い合わせをしてみませんか。資料請求をしていただくのもいいですし、まだ、少し比較検討したいなと思う場合は、気になる機能を使ってみてはどうでしょうか。福岡赤十字病院就職・求人について新着情報があった場合には、自動的に通知連絡がありますので常に最新情報を確認することが出来ます。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。