【名南病院】のギャラリー

愛知県・一般病院

名南病院 (めいなんびょういん)

その他:名南ふれあい病院、老健かたらいの里、名南診療所、中川診療所、訪問看護ステーションきずな

充実のサークルで気分もリフレッシュ
男性看護師も多数活躍
充実した研修制度
患者体験

みんなで創る医療

 1959年、巨大な台風が東海地方を襲いました。そう、『伊勢湾台風』です。港区、南区は名古屋市内でも特に被害が大きい地域でした。
 そんな時、全国の民主的な医療機関が救援に駆けつけてくれたことがきっかけとなり、『誰もが気軽にかかれて、いつでもどこでも安心して診てもらえる病院を自分たちの手で作ろう』と地域の方々の運動が起こりました。それから少しずつお金や知恵を出し合い、名南病院が誕生しました。

すべての人に医療を

 名南会のキーワードは『いのちの平等』です。これを実践するため4つの点に力を入れています。
●差額ベッド:当院は患者様の大きな負担となっている『差額室料』を創立以来、一切徴収していません。
●無料・低額診療事業:経済的理由で受診できない方をなくすため、無料もしくは低額での診療を行っています。
●患者訪問:受診を中止してしまった方々に対し、職員が患者訪問を行い、状況を伺っています。
●平和活動:平和でなければすべての人の命と健康は守れない!だから名南病院は命を脅かす戦争や核兵器、原発をなくすために積極的な活動をしています。

みんな一緒に成長しよう

 患者・家族や、同僚または他職種から、日々学び成長し合うことを目指した教育プログラムを行っています。①技術系の部署に出向き、組織の中での自分の役割や、各課の果たす役割を考える研修。②病院に一泊し、患者の立場になって看護を考える。など、他病院とは一味違う研修を行っています。
 また、仲間作りのための研修で絆を強めたり、先輩看護師はもちろん職種を超えたフォローを行い、病院全体でサポートしています。