【東京大学医科学研究所附属病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東京大学医科学研究所附属病院 (とうきょうだいがくいかがくけんきゅうじょふぞくびょういん)

既卒看護師

オルタネイト
  • 手術室
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 聖路加国際大学出身

再就職先として当院を選んだ理由

病院見学で当院が看護管理の分野に力を入れている病院であること、また人材を大切にしながら育成に力を入れていることを知りました。看護大卒業後は、急性期病院の手術室で看護師をスタートし充実した日々でしたが、一方で自分の目指す看護とは何であるのかがわからなくなった時期がありました。そんな時当院看護部のミッションを思い出し、私も患者にとっての最適な看護について考えながら進んでいきたいと思い当院を選びました。

再就職に際して何か不安だったこと

一番は看護技術についてです。点滴の確保や採血といった看護技術などに不安がありました。

実際に就職して

既卒者にも半年間チューター制度があり、一番の不安材料であった看護技術を丁寧に指導していただけたことがとてもありがたかったです。また、小さな疑問や悩みなど何でも話を聞いてくれる先輩がいることがとても心強いです。院内・院外の勉強会に積極的に参加することで常に新しいエビデンスに基づく看護を提供することができることも看護の質を保つという点でとても良いと思いました。

東京大学医科学研究所附属病院の他の先輩の声もチェックする