【東京大学医科学研究所附属病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東京大学医科学研究所附属病院 (とうきょうだいがくいかがくけんきゅうじょふぞくびょういん)

人事交流

オルタネイト
  • 内科
  • アレルギー科
  • リウマチ科
  • 看護師
  • 職歴9年
  • 新潟県立看護大学出身

人事交流を希望したきっかけ

ある終末期の患者さんに関わっているときに、なかなか患者さんの思いを汲み取れず、逆に患者さんに気を遣わせてしまっているかなと思うことがありました。共感や傾聴などといった技術を身につけていたら、もう少し患者さんの声を引き出せるのかもしれないと思いました。精神面でのケアを勉強したいと思い、東大病院精神科病棟への人事交流を希望しました。

人事交流先で学んだこと

精神科病棟で働き、日々のカンファレンスやスタッフと話しているときに、このような視点があるのだと気づかされることが何度もありました。また拘束ゼロなど患者さんの倫理面を考えての取り組みにも力が入れられていて、スタッフ、チーム医療での工夫により変えていくことができるんだと実感させられました。東大病院精神科病棟での2年間は、私にとって看護や人として、大切なものを気づかせてくれたかけがえのないものでした。

人事交流制度を利用して良かったこと

私は新卒で医科研病院に入職しました。医科研病院も好きだけれど他の病院も経験しなければと何度か思っていながらも、一方でなかなか勇気がなく踏み出せませんでした。そのようななかで人事交流制度を利用して、東大病院精神科病棟で働けたことは、私にとってとってもありがたく、貴重な経験になりました。

東京大学医科学研究所附属病院の他の先輩の声もチェックする