【東京大学医科学研究所附属病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東京大学医科学研究所附属病院 (とうきょうだいがくいかがくけんきゅうじょふぞくびょういん)

新人看護師

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 慶應義塾大学出身

看護師を目指したきっかけ

私は小学生の頃から老人ホームなどでボランティアに参加していて、漠然と(人を助ける仕事につきたいなぁ)と考えていました。高校生になり進路を決めるときに、人の命を救うことができる医療職に興味を持ちました。その時に「医療の必要性は、目的ではなく手段である。患者のQOLの維持・向上のためにある」という言葉から、患者さんの1番近くに寄り添うことができるナースになりたいと思いました。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

アットホームな雰囲気と、新人教育が充実していると感じたからです。医療者みんなが優しく温かく、看護に妥協しない姿勢をインターンシップの時に見て魅力を感じました。一人一人患者さんを大切にし、密接に関わることができ、個別性の高い看護ができると思い、医科研病院を志望しました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

新しい技術を習得するとときは、技術の見学、見守りの下実施、チェックリストを受けて独り立ちとなりますが、テストに合格したときは「できることが1つ増えた!」とうれしいです。また、やはり患者さんからの「ありがとう」の言葉は特別です。自分が患者さんに関わったことでプラスになり、患者さんの心を豊かにするケアができたのかなと、次への向上心につながります

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

コミュニケーションを図りながら、患者さんと信頼関係を築き「この人がいると安心だ」と思ってもらえるナースになりたいです。また、遺伝看護専門看護師に興味があるので、さらに深く学んでいきたいです。

東京大学医科学研究所附属病院の他の先輩の声もチェックする