【東京都保健医療公社】のギャラリー

東京都・一般病院・公益財団法人

東京都保健医療公社 (とうきょうとほけんいりょうこうしゃ)

東部地域病院・多摩南部地域病院・大久保病院・多摩北部医療センター・荏原病院・豊島病院

みんなで支え合う、それが公社の看護です。

チーム医療で患者さんを支えます。
PNSだから、現場で先輩看護師から学べます。
休みの日は思いっきり楽しもう!

【教育】初期は基礎の徹底を。さらなる看護のプロを目指す。

公社は、あせらず 急がず 着実に 成長できる教育研修を行っています。
入職後3カ月間のグローアップ研修は、先輩たちに見守ってもらいながらクリニカルラダーに連動する公社独自の研修制度です。
その後のクリニカルラダーは、3段階の基礎コースからゼネラルコースへと、一段ずつステップアップする研修システムで、先輩ナースの指導やフォローを受けながら、実践を交え、看護技術の基礎や臨床を学びます。また、一つ一つの仕事の意味や重要性を、時間をかけてじっくり学べるので、分からないことをそのままにすることなく、看護の基礎知識をしっかりと積み上げることができます。
ゼネラルコースでは、仲間と共に看護研究に取り組み、病院内や学会で発表するチャンスもあります。その他にも様々な研修や資格取得支援も充実しています。
公社の看護師は、一人ひとりが興味を持って主体的に学び、自分自身を輝かせることができます。

【寮】都内のワンルームで新生活スタート

看護師寮は、各病院の敷地内または徒歩圏内にあります。全室が個室でワンルームタイプの看護師寮は、毎年新人看護師に大人気。通勤時間なしで、自分の時間を有効活用できます。さらに、寮費は都内に住みながら月々14,000円から15,000円とかなりリーズナブル。エアコン完備で設備も充実しており、快適に過ごせます。

【制度】子育ても看護も頑張れる

皆さんが結婚・出産後も看護師としてイキイキ働けるよう、充実の子育て支援制度でしっかりサポートします。
①「保育料助成制度」・・・お子さんが小学校入学までの間に保育園などにかかる費用の半分(上限金額あり)を公社が負担します。対象となるサービスは、認可保育園・認証保育園、保育室、ベビーシッターなど。この制度を利用している職員の86.4%が「満足」と答えています。
②「休暇制度」・・・妊娠・出産時の休暇、育児休業、お子さんが病気の時の看護休暇など。
③「育児時間制度」・・・生後1年3カ月までの間、1日90分の育児時間を取得可。保育園の送り迎えで出勤時間を遅らせることができます。
④「子育て日勤制度」・・・お子さんが小学校入学まで、日勤のみの勤務が可能。
⑤「育児短時間勤務制度」・・・1日3時間55分×週5日勤務など、一週間の勤務時間を短縮できます。(一定の要件があります)