【東京都保健医療公社】のインタビュー

東京都・一般病院・公益財団法人

東京都保健医療公社 (とうきょうとほけんいりょうこうしゃ)

東部地域病院・多摩南部地域病院・大久保病院・多摩北部医療センター・荏原病院・豊島病院

一年目こそ、やったことのない技術・自信のない技術を積極的に行いましょう。【豊島病院勤務】

オルタネイト
  • 消化器内科
  • 内分泌代謝内科、乳腺外科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 東京都立荏原看護専門学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

インターンシップにきた際に病室が広く、清潔感があったことや現在働いている部署に見学に来て、一緒に働いて看護を学びたいと思ったスタッフの方がいたからです。その他にも、公社病院の研修システムやPNS(パートナーシップナーシングシステム)にとても魅力を感じました。また、自宅から距離が近く通いやすかった点も志望理由です。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

仕事をし始め、一人で患者さんのもとへ回ることを考えると、とても不安でしたが、公社のPNSは先輩看護師と一緒に回りながら、安心安全に知識や技術を身につけられました。三年目になった現在、今度は自分が後輩と組み指導する立場です。新人の時の気持ちを忘れないようにしたい。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

苦労したことは、タイムスケジュールの把握や優先順位の判断がなかなか行えなかったことです。一年生のうちにわからないことや、やったことのない技術・自身のない技術を積極的に行うことで、二年目の自分に少し自信をつけることができたのでよかったです。