【東京都保健医療公社】のインタビュー

東京都・一般病院・公益財団法人

東京都保健医療公社 (とうきょうとほけんいりょうこうしゃ)

東部地域病院・多摩南部地域病院・大久保病院・多摩北部医療センター・荏原病院・豊島病院

患者さんのありがとうが何よりうれしいです。【豊島病院勤務】

オルタネイト
  • HCU
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 東京都立南多摩看護専門学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

学生の時の実習で他の公社病院へ実習へ行く機会があり公社病院という存在を知り、自分一人で患者さんを複数受け持つことにも不安がありPNS制度をとりいれている病院がいいなと考えていた。また、就職活動中は緩和ケアに興味があり、公社病院のなかでも豊島病院が緩和ケアに特化していると知ったため入職したいと思ったから。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

新人研修の内容や教育制度、福利厚生、給料、どのうな科があるかが大事だと思う。学生時に実施したことがあることでも入職後に一から研修で再度学ぶことができるのはよかったと思う。入職前は職場環境も重視していましたが、職場環境は入職しそれぞれの部署に配属されてみないとわからないなと思いました。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

わからないことが何かもわからず、自信もなくすべての手技に不安があったり、新人看護師は嫌だと拒否されることもあった。そんな中でも患者さんに名前を覚えてもらえたり、「今日はあなたが担当なの?よろしくね。」と笑顔が見れたり、ありがとうと言ってもらえた時はとてもうれしかったです。