【東京都保健医療公社】のインタビュー

東京都・一般病院・公益財団法人

東京都保健医療公社 (とうきょうとほけんいりょうこうしゃ)

東部地域病院・多摩南部地域病院・大久保病院・多摩北部医療センター・荏原病院・豊島病院

緊張感のなかにも、やりがいを感じています

オルタネイト
  • 循環器内科
  • リウマチ科
  • 皮膚科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 江戸川看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

私は現在循環器内科の病棟で働いています。心不全や心筋梗塞、心臓カテーテル検査で入院される患者さんが多くいます。そのため、細やかな観察やアセスメント能力が問われ緊張する毎日ですが、その分やりがいを感じています。また高齢患者さんも多いため、入院中のケアだけでなく、退院後の生活も考えたカンファレンスを多職種の方と積極的に行い、退院支援にも力を入れています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

働くなら自宅から近い病院が良いと思っていました。そのなかでも、教育制度と福利厚生がしっかりしていることから多摩北部医療センターを選びました。また、公社の「地域で医療を支える」という理念に共感し、わたしもこの生まれ育った地域を医療で支えたいと思い入職を決めました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さんから「ありがとう」と言葉をもらったとき、看護師としてのやりがいを感じます。また、自分の関わりによって患者さんが回復し、元気に退院する姿をみたとき、自分も元気がもらえます。