【公立陶生病院】のインタビュー

愛知県・一般病院

公立陶生病院 (こうりつとうせいびょういん)

先輩や同期、後輩たちと共に成長できる環境がある

オルタネイト
  • 循環器内科
  • 心臓血管外科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 公立瀬戸旭看護専門学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

決め手になったのは実習での体験です。学生の頃に当院の循環器・心臓血管外科病棟の実習に来て、師長から「のびのび実習してくださいね」と言われたがとても印象的でした。その上、熱心な指導をしていただき充実した時間を過ごすことができました。その実習がきっかけで循環器の領域に興味を持ち、配属希望では当病棟を希望しました。夢がかなって現在はこの病棟でお仕事をしています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

循環器疾患の患者さんは回復へ向かうと、顔色や血色が目に見えて良くなります。単純かもしれませんが、回復した患者さんの様子が実感できると「看護してよかったな」と思います。また当病棟ではPNS看護方式を取り入れています。先輩たちの優れた看護を間近で見て学べること、後輩とパートナーを組むと「きちんと教えられるように知識を取り入れよう」と気が引き締まり、相互に刺激を受けて成長できることにやりがいを感じます。

新人のフォロー体制について教えてください。

看護師になると学生のときに学んだ知識だけでは及ばないことがたくさんあります。患者さんへの対応でも様々なケースがありますが、新人看護師は必要な知識やスキルを当院の研修でしっかり学べます。現場でもパートナーの先輩達に見守られているので、私もここまで安心しながら成長できたと思います。看護師は命を預かる仕事のため心配ごともありますが、一人で悩まずフォローしてもらえる環境もあり、とても頼もしく感じています。