【衣笠病院】のインタビュー

神奈川県・一般病院

衣笠病院 (きぬがさびょういん)

恵まれた職場環境の中で、患者様からまざまなことを教えていただきながら、自分らしく仕事ができています。

オルタネイト
  • 地域包括ケア病棟
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 神奈川歯科大学短期大学部出身

現在のお仕事について教えてください。

私の所属している部署は地域包括ケア病棟です。急性期病棟や地域の病院で治療され、症状が安定した患者様に対し、リハビリや退院調整を行っています。患者様の日常生活ケアや看護技術はもちろん、退院指導や、入院時から退院後の生活を見据え、他職種とカンファレンスを行い、チームとして協働することの大切さなど、多くのことを学んでいます。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

入院された患者様が、元気な姿で退院される時やりがいを感じます。看護師1年目の頃、夜勤の時心不全で入院された患者様を受け持ちました。その方は入院初日で呼吸苦があり、辛い思いをされていました。患者様の病状がよくなり、退院される時「辛かった時に貴方がそばにいてくれて助かった」とお言葉をいただき、看護師として、患者様のためになれたことを嬉しく思いました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

職場の雰囲気や人間関係の良さです。仕事は楽しくても、人間関係がうまくいかないと長く続けることが難しいと思ったからです。看護学生の時、当院での実習でスタッフがとても親切にしてくださいました。職場の雰囲気がよかったため、ここで働くことを決めました。入職後、なれない環境で不安もありましたが、先輩方が励ましの言葉をかけてくださったり、優しく指導してくださったりして、日々楽しく仕事ができています。