【衣笠病院】のインタビュー

神奈川県・一般病院

衣笠病院 (きぬがさびょういん)

いつも笑顔を大切にした「患者さん主体」の看護。

オルタネイト
  • 地域包括ケア病棟
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 神奈川衛生学園専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

4月から地域包括ケア病棟配属となりました。地域包括ケア病棟には、急性期病棟で治療を終了し退院調整やリハビリを目的とされている患者さん、もう少し治療が必要な患者さん、時にはターミナル期で最期の看取りを目的とした患者さんなど幅広い患者さんが入院されています。さまざまな疾患の患者さんに合わせた看護を学ぶことが出来ます。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

日々症状が改善していく中で大変な時もありますが、自分を頼ってくれる患者さんがいることはやりがいにつながっています。また、丁寧に指導してくれる先輩も多く、自分でできることが増えていくこともやりがいにつながっています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

どんな時でも笑顔を忘れずに患者さんに接するよう心がけています。また、高齢の方が多く入院されており、人生の先輩として尊敬の念をこめて正しい言葉遣いで接するようにしています。
日々のケアの中から患者さんの状態をしっかり把握し、個別性のある看護を提供できるように観察したいと思います。わからないことや疑問に思うことがあったら、自己判断せず先輩のみなさんに相談するようにしています。