【衣笠病院】のインタビュー

神奈川県・一般病院

衣笠病院 (きぬがさびょういん)

医療関係とは全く無縁の社会人経験を経て,看護師を志した3人の子持ちの母です。

オルタネイト
  • 地域包括ケア病棟
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 横須賀市立看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

地域包括ケア病棟でハイケアや個室対応の患者さんを受け持つチームに所属しています。状態の悪い患者さんや、不穏な患者さんが多いため、一人ひとりの疾患と状態を深く理解したうえで、全身状態を観察しアセスメントする力が求められています。また、地域包括ケア病棟の看護の特徴として、医療チームで共有した患者さんのゴールを目指して、退院支援などを円滑に行う力も必要とされています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

単純なことかもしれませんが、職場内においても患者さんに対しても、笑顔と挨拶をしっかりしようと心がけています。新人看護師として仕事はまだまだ未熟であり、失敗も多い日々ですが、笑顔と挨拶をしっかり行い少しでもチームの一員として、看護師として認知していただけるよう心がけています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

地元が衣笠なので、衣笠病院は地元の病院というイメージがあり、馴染みに感じていました。また、病院関係者に知っている方も多くその方々から「主婦も多く働いている」と聞いていました。主婦である私は「地元で長く働ける職場」を希望していたため、先輩看護師さんから、「子育てとの両立法」など働き方を学ばせていただきたいと思い志望しました。