【衣笠病院】のインタビュー

神奈川県・一般病院

衣笠病院 (きぬがさびょういん)

パティシエ、事務秘書などの社会人経験を経て一念発起し看護学校を卒業、看護師になりました。

オルタネイト
  • 地域包括ケア病棟
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 神奈川衛生学園専門学校出身

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

私は患者さんの心の拠り所になれる看護師になりたいと思っています。自分の子どもたちが小さかった頃、病院にかかることや入院する事が多くありました。自分の事以上に心配や不安感が強く、辛かった通院・入院生活の中で、看護師さんはよく私の話しを傾聴し励ましてくれました。そのお陰で今の私があると思っています。だから私も同じ様に相談しやすい、不安を吐露することの出来る雰囲気を持った看護師になりたいです。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

インシデントを起こしてしまった時にショックで気分が落ち込んでしまいました。でも、その後、何時間もかけて先輩ナースが同じ様なミスを起こさないようにと振り返りをしてくれました。その熱意に私も2度と同じような事を起こさないようにと必死でした。振り返りをしたおかげで自分の特徴やインシデントの発生要因が明確になり、次回に繋げる事が出来ました。フォローしてくださった先輩ナースさん達に本当に感謝しています。

看護学生のみなさんへ!

仕事に入ると1日に何人もの患者さんを受け持つようになります。1人の患者さんに時間をかけてケアをしたり話しを出来るのは学生の特権だと思います。眠い授業や、辛い実習で毎日大変だと思いますが、学校で学んだ事は臨床で必ず生かせる時が来ると思います。臨床は個別性に溢れた看護の連続で、私も日々模索しながら看護をしています。決して無駄なことはない学生生活を楽しみつつ頑張ってください。