【小樽掖済会病院】のインタビュー

北海道・一般病院

小樽掖済会病院 (おたるえきさいかいびょういん)

思いやりをもった看護の提供ができるように努力します

オルタネイト
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 北海道看護専門学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

「思いやりを持って看護をする」という自身の看護師像と看護部理念である「ぬくもりのある、ゆきとどいた看護の提供」という言葉に共感したからです。また、一人一人の成長レベルに合わせた教育方針や研修なども多く取り入れているところに魅力を感じ、自身の知識やスキルの向上ができると思いました。さらに、インターンシップの際に先輩ナース達が明るい雰囲気で親切に患者さんを看護する姿を見て、就職することに決めました。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

一人一人の患者さんに思いやりを持った看護を提供することです。急性期から終末期医療まで幅広いため、多忙な業務の中でも少しの変化も見逃さず、状態をアセスメントすることが求められます。終末期看護では患者の希望や思いに寄り添い、必要な看護援助ができるようになりたいです。そのためには、アセスメント力や知識を高め、患者の状態に合わせた看護や思いやりを持った看護の提供ができるよう努力していきたいと思います。

看護学生のみなさんへ!

就職して半年たちました。毎日覚えることが多く、まだ一人では分からないことできないことがあり大変ですが、先輩看護師のフォローや指導により少しずつ成長できていると思います。看護学生の皆さんは、看護師国家試験の勉強や実習などで大変かと思いますが、学生時代に得た知識や技術は必ず役立つと思います。辛いことや不安がある時期だと思いますが自分の目指す看護師像に近づけるよう頑張ってください。応援してます。