【JR札幌病院】のインタビュー

北海道・一般病院

JR札幌病院 (じぇいあーるさっぽろびょういん)

患者様の立場を考えながらケアや声掛けをおこなっています

オルタネイト
  • 循環器内科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 北海道美唄聖華高等学校出身

今まで仕事をしてきた中で、特に印象に残っているエピソードや嬉しかったこと、苦労したことは何ですか

緊急の手術や検査、急変した患者様の対応をしている先輩看護師を見て、看護師という職業は責任の重い職業ではありますが、人の命を救う素敵な職業であると改めて感じることができました。寝たきりで普段はあまり話せない方が、笑顔で感謝のお言葉をくださった際には本当にうれしく、同時にもっと知識や技術を磨かなくてはならないという気持ちになりました。現在は一人でできることも増え、やりがいを感じることができるようになり

仕事のどんなところにやりがいを感じますか

入社した当初は先輩看護師により指導をいただきながら処置や業務を行ってきました。今も指導をいただきながら業務を行っていますが、一人でできることが増えてきたことや、患者様の病態や治療の流れが理解でき看護に繋げられたとき、受け持ち患者様も増え自分で優先順位を考えながら業務を行う際にやりがいを感じています。忙しい中で優先順位を考えながら行動することは、現在の私にとっては難しい事ではありますが、機転のきいた

仕事をするにあたって心がけていることは何ですか

慣れない業務や入院があった際には業務に追われてしまう自分がいます。そんな時は一度冷静になり、患者様の立場を考えながらケアや声掛けを行うように心がけています。寝たきりの患者様で症状を訴えたり、ナースコールで看護師を呼ぶことができない患者様に対して訪室回数を増やし、苦痛の有無を確認するよう心掛けています。日々業務を行う中でわからないことや、慣れない業務を行う時、患者様の状態について先輩看護師の方に相談