【JR札幌病院】のインタビュー

北海道・一般病院

JR札幌病院 (じぇいあーるさっぽろびょういん)

患者さんからの感謝の言葉をいただけることがとても嬉しい

オルタネイト
  • 循環器内科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 旭川大学出身

今まで仕事をしてきた中で、特に印象に残っているエピソードや嬉しかったこと、苦労してきたことは何ですか

入院中に関わった患者さんが元気になって退院していく姿を見ること、患者さんに小さなことでも頼りにされること、患者さんから「あなたの笑顔と声を聞いていると安心するね。」「いつもありがとう。」といった感謝の言葉をいただけることがとても嬉しいです。しかし、患者さんの状態を疾患や治療を関連させ、患者さんに今どのような看護を行う必要があるのかをアセスメントしていくことには苦労しています。

仕事をするにあたって心がけていることは何ですか

先輩看護師のように、患者さんに寄り添った看護を行うことができるように心がけています。知識や技術が未熟でできないことも多いですが、先輩看護師にフォローしていただきながら患者さんとの関わりを行っています。寄り添った看護を行うには、アセスメントがしっかりできていないと行うことができないことだと思うので、患者さんの状態を把握することに気を付けています。

貴院を志望した動機や入職を決めた理由

様々なインターンシップに参加し、病院の雰囲気や環境、先輩看護師の人間関係を確認した上で、この病院が参加した病院の中で1番雰囲気や環境が良いと感じ、先輩看護師と一緒に働いていきたいと思ったことがきっかけです。新人研修がたくさん組まれているため、教育体制が整っていると感じたこと、札幌駅が最寄りの駅となっているため、交通の便がよく通勤がしやすいことも志望したきっかけになりました。