【JR札幌病院】のインタビュー

北海道・一般病院

JR札幌病院 (じぇいあーるさっぽろびょういん)

後輩看護師ができたら、一緒に目標を立ててサポートをしたい。

オルタネイト
  • 消化器内科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 旭川市医師会看護専門学校出身

仕事をするにあたって心掛けていることは何ですか

保清や検査による処置などの業務が多く、看護師1年目のため、新しい処置を覚えるのにも必死で業務をただ行っているという状態でした。最近、業務にも慣れてきた中で患者さんの想いを傾聴していくことができていないのではと思いました。患者さんにとっては、手術をすること、今後の治療に対して大きな不安を抱きます。コミュニケーションを通して想いを傾聴できるように笑顔で接していくことを心掛けています。

貴院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか

出身は旭川市ですが、両親の転勤により札幌市内に就職することになりました。札幌市内の病院は全くわからない状態でした。様々な病院の説明会に参加した中、当院での病棟見学の際に先輩看護師が忙しい中にも関わらず、笑顔で挨拶され、一緒に働くことを楽しみにしていますと声を掛けてくれて、良い職場環境なのだと強い印象を抱きました。一人一人にあった教育体制が組まれており、定期的に研修や勉強会が行われています。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

仕事上では、看護師1年目ですが、今後プリセプター・リーダー業務があります。私のプリセプターさんは、一緒に今後どのようにしていくか毎月の目標を立てていっています。私も後輩ができたら、一緒に今なにが問題で何が必要なのか考えていけるようにしていきたいです。また、先輩方のように患者さん一人一人にあったアセスメントをできるよう力をつけて、研修を受けてリーダー業務を行えるようになりたいです。