【JR札幌病院】のインタビュー

北海道・一般病院

JR札幌病院 (じぇいあーるさっぽろびょういん)

安心・安全な周手術期の看護実践ができるように頑張っています!

オルタネイト
  • 手術室
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 市立室蘭看護専門学院出身

現在のお仕事について教えてください。

4月に手術室に配属され、器械出しや患者さんの観察を行う外回り業務を行っています。
器械出しでは、手術が円滑に進むように術野をみながらタイミングを図り器械を出し、外回りでは術体位の固定からはじまり、術前・術中・術後の状態の変化に気づけるように手術全体を広い視野でみていくことが大切です。
まだまだ思うようにできないことがたくさんで反省の毎日です。

仕事をするにあたって心掛けていることは何ですか?

4月に入社し、配属され、手術室とはどんなところなのか…から始まり、新しく覚えることが山のようにありました。
そのため、毎日の業務の振り返りを大切にしています。出てきた反省点から次に同じことをしないようにするためにはどうしたら良いのか自分なりに考えていきます。そしてわからない時や困った時は先輩に聞いたり、相談することを心掛けています。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

将来、自分が教える立場になった時、現在のプリセプターや先輩方のように戸惑いながら入ってくる後輩に一つ一つ丁寧に教えてあげられる先輩になりたいです。
そのために日々、先輩の姿を見て学んでいきたいです。