【クラーク病院】のインタビュー

北海道・一般病院・社会医療法人社団 三草会

クラーク病院 (くらーくびょういん)

リハビリに専念できるように看護し、治る喜びを分かち合う。

オルタネイト
  • リハビリテーション科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 駒沢看護保育福祉専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

 脳血管疾患で麻痺や言語障害、認知が障害されている患者様がリハビリに専念できるように看護を行っている回復期リハビリ病棟で勤務しています。日常生活動作1つ1つが訓練になるため、他職種と協力しながら少しでもADLが向上できるように援助させていただいています。退院後どのように生活していくかを考え、チームで支援しています。現在は、患者様と回復する喜びを一緒に感じながらやりがいを持って看護しています。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

 患者様、ご家族に信頼される優しい看護師になりたいと思っています。安全、安楽に看護を提供することと入院している患者様、ご家族のニーズをよく聴き、苦痛を緩和できるように対応する事を大切にしています。また、チームで協力して、患者様が回復して退院できるような看護を行いたいと思います。今後は、後輩や学生と一緒に学び、指導もできるような知識、技術、態度も向上した看護師になりたいです。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

 資格を取得して始めての就職だったので、教育制度が整っている病院を一番大切に就職活動を行いました。病院見学に行かせていただき、病院関係者の皆様の温かい雰囲気が魅力に感じ、ここで働きたいという気持ちも大切にしました。また、脳血管疾患のリハビリ病棟で回復期の看護をしたいという希望があったので選びました。現在は、出来る事も増え、日々学ぶことも多いので、この病院を選んで良かったと思います。

クラーク病院の他の先輩の声もチェックする