【東京女子医科大学附属足立医療センター】の看護師(ナース)就職・転職・求人・採用情報

東京都・一般病院・大学病院・精神科

東京女子医科大学附属足立医療センター (とうきょうじょしいかだいがくふぞくあだちいりょうせんたー)

フォーラム

2022年1月足立区へ移転、最新機器完備の機動力あふれた病院になります。

足立医療センターは2022年1月に移転し、大学病院機能と地域に密着した機能両面をもつ最新機器完備の真新しい病院になります。「いつでも・どこでも・誰にでも」質の高い看護を提供するため、幅広い知識と技術、そして患者さんに寄り添う看護の心を大切にする「看護のジェネラリスト」を育成し、知識・技術だけでなく、人間味ある自分らしい看護を目指しています。看護実践のフィールドも多様です。学びたい看護が必ずあります

住所 〒123-0872 東京都足立区江北4-33-1 地図
病院種別
  • 一般病院
  • 大学病院
  • 精神科
病床数 450床
職員数 987名
看護職員数 501名
看護体系 7:1
募集職種
  • 看護師
  • 助産師
勤務形態
  • 交代制
  • 正規職員

イベント

2

イベント公開中

合同説明会

《復職・転職希望者限定》看護の仕事フェア【10月15日】

会場 東京
場所 東京ミッドタウンホール&カンファレンス 4F カンファレンスRoom1-4
見学会・説明会
随時開催 10:30~12:30

病院見学会

開催地 / 所在地 東京都 / 東京都
対象 22卒看護学生・既卒看護師

採用担当者からのメッセージ

大学病院としての機能と地域に密着した機能両面を持つ真新しく、さらに機動力の高い病院です

 足立医療センターは東京の東北部に位置します。東京下町で、患者さんたちも長年当センターに通う方々が多いのが特徴です。患者さんたちと継続して関わり、信頼関係のもと看護を提供ができるのが大きな魅力です。区東北部の唯一の三次救急です。約130万人もの人々の命の砦として使命を果たしています。
 そして、危機的状況を脱した患者さんは一般病棟で引き受けていきます。命をつなぎとめた方がさらに生活の場に帰ることができるように支援していく、院内での連携をとっていますので、三次救急を担っている大学病院ならではの一般病棟での看護で、力をつけていくことができるもの、足立医療センターの特徴です。

転職募集要項

募集要項
勤務形態
  • 交代制
募集職種
  • 看護師
  • 助産師

各病院の採用を一括で行いますので、施設の配属希望を個別に伺います

応募資格

看護師・助産師の免許を有する方

募集人員

約300名(3院合計)

募集理由

看護職の充足のため

経験年数
選考方法
面接
その他 小論文試験(小論文テーマは看護職採用ホームページに公開予定です)
必要書類
履歴書 本学所定様式
資格免許証コピー
その他 自己紹介書(本学所定様式)、成績証明書、卒業証明書
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
正規職員
月額給与

2021年4月実績

条件 合計 基本給 諸手当
看護大卒 287,900円 217,900円 70,000円
短大3年卒 282,300円 212,300円 70,000円
短大2年卒 276,600円 206,600円 70,000円
看護学校3年卒 282,300円 212,300円 70,000円
看護学校2年、高校専攻科卒 276,600円 206,600円 70,000円
助産師 282,300円 212,300円 70,000円

※年齢、経験、能力を考慮の上、規定により決定します。

主要手当内訳 看護師手当(15,000)、病棟手当(5,000)、夜勤手当(50,000/夜勤5回した場合)の合計
※経験年数3年(4年目から)の看護職の月額給与モデルケース
その他の諸手当 助産師手当、時間外手当、手術室手当、住宅手当、扶養手当、エキスパートナース手当、通勤手当
勤務時間 1週39時間実働(2交代勤務、一部変則2交代)
勤務時間説明
勤務名称 勤務時間 備考
日勤 8:00 ~ 16:00 配属部署の勤務形態により異なる場合があります。
夜勤 16:00 ~ 8:00 配属部署の勤務形態により異なる場合があります。
勤務地 東医療センター
昇給・賞与 昇給:あり、賞与:年2回(支給時期:上半期・下半期)、2021年度実績/2.5カ月
休日 日曜日、祝日、創立記念日(12/5)、年末年始(6日間)
休暇 年次有給休暇(初年度10日間、最高21日間)、夏季休暇、慶弔休暇、産前休暇、産後休暇、看護休暇、介護休暇
加入保険制度 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働者災害補償保険
看護宿舎
入居希望の場合は要相談
進学・キャリアアップ支援制度
進学、留学のための休職制度、時短勤務制度があります。
退職金制度
本学規程により支給
保育施設
保育施設、病児保育・病後児保育あり
被服貸与
ユニフォームと靴を貸与
教育制度
プリセプターシップ、新人技術研修、院内研修、看護職キャリア開発支援部門、3カ月ルール、1カ月間のシャドウイング
その他福利厚生 確定給付企業年金制度、確定拠出企業年金制度、職員食堂、団体保険、財形貯蓄あり

法人基本情報

東京女子医科大学附属足立医療センター
設置体
  • 学校法人
病院種別
  • 一般病院
  • 大学病院
  • 精神科
日本医療機能評価機構認定
機能・特質

三次救急医療、地域災害拠点中核病院、東京DMAT指定病院、総合周産期母子医療センター、地域がん診療病院、高度急性期医療、臨床研修・教育・臨床研究機能、地域医療連携機能、がんゲノム医療連携病院他

病床数 450床
職員数 987名
看護職員数 501名
看護体系 7:1
専門看護師
  • 精神看護
  • 急性・重症患者看護
  • 在宅看護
認定看護師
  • 救急看護
  • 皮膚・排泄ケア
  • がん化学療法看護
  • がん性疼痛看護
  • 感染管理
  • 新生児集中ケア
  • 小児救急看護
住所 〒123-0872 東京都足立区江北4-33-1 地図
交通機関1 日暮里・舎人ライナー「江北」駅下車 徒歩約7分
交通機関2 東武スカイツリーライン「西新井」駅西口より 都営バス「王40甲」 約10分 「江北四丁目」下車 徒歩約5分
交通機関3 JR京浜東北線「王子」駅北口より 都営バス「王40甲」 約18分 「江北四丁目」下車 徒歩約5分
代表電話番号 03-3857-0111
URL http://www.twmu.ac.jp/recruit-nurse/
院長 内潟安子
看護部長 木所篤子
外来患者数(1日平均) 807名
入院患者数(1日平均) 324名
診療科目数 26科
診療科目
  • 内科
  • 心療内科
  • 精神科
  • 神経内科
  • 呼吸器内科
  • 呼吸器外科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 小児科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 脳神経外科
  • 心臓血管外科
  • 小児外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 歯科口腔外科

腎臓内科、膠原病内科、糖尿病科、血液内科、女性科、総合診療科、消化器一般外科、美容医療部、救急医療科、麻酔科(ペインクリニック)、画像診断、血管内治療、周産期新生児診療部・新生児科、乳腺診療部、骨盤底機能再建診療部、心臓血管診療部、血液浄化部

付属施設・関連施設 【診療支援部門】患者サポートセンター、病理診断科、臨床工学部、検査科・光学診療部、リハビリテーション部、輸血・細胞治療部、薬剤部、血液浄化部、臨床栄養部

お問合せ先

お問合せ部署

東京女子医科大学病院 看護部

担当者名

採用担当

所在地

東京都新宿区河田町8-1

お問合せ部署電話番号

03-5269-7462

E-mailアドレス

recruit-nurse.bm@twmu.ac.jp

大学病院について

身につくスキル

大学病院で働く場合に身につくスキルとしては、まず体系化された教育環境の中で働くことによって身につくスキルそのものが大きな特徴であると言えます。大学病院においては、体系化された教育内容が提供されていることも多いようです。その環境の中では、高度な医療・看護を含め専門性の高い内容まで医療知識・技術の習得が可能です。また、医療機関にもよりますが、シミュレータなど看護技術の習得のために必要な最新機器が充実した環境である場合も多く存在しています。一方で業務の分業化が進んでいるために患者さんへの処置などにおいてその殆どを看護師が対応するわけでもない場合もあるようです。また、大学病院自体は広い範囲での医療を提供しているものの組織自体が大きいために一人の出来ることは限られてしまい、スキルが深く狭くなってしまう場合もあるようです。

特徴

一般的に、大学病院の特徴は、臨床における診療機能のみでなく研究・教育を行う大学の附属施設である場合が多く存在しています。そのため、大学病院は教育・診療・研究の各機能を併せ持った施設であると言えます。実施されている診療内容についても専門性の高い高度な医療技術が多くあり、設備環境も整っていることが多いのも特徴的です。そのため、大学病院で医療従事する場合は、専門性の高い業務をすることが多いことも特徴的と言えます。また、大学病院は、医学・歯学に関する学部に附属している場合が多くありますが、看護・医療技術・リハビリテーション・薬・福祉系大学(又は学部等)を要する大学の附属施設となっていることもあります。