【東京慈恵会医科大学附属第三病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東京慈恵会医科大学附属第三病院 (とうきょうじけいかいいかだいがくふぞくだいさんびょういん)

看護師としてどのような関わりが出来るのかを考えて患者と向き合うことの大切さを学びました

オルタネイト
  • 外科
  • 耳鼻咽喉科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 宮崎県立看護大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

東京で就職したいと考えており、在学していた大学と同じナイチンゲール看護を採用しているこの病院への就職を決めました。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

何かあった時に一番先に相談する相手は同じ病棟の同期です。話を聞いてもらい気持ちを共有するだけで「仕事頑張ろう!」と思うことが出来ます。みんなでご飯を食べに行ったり、勤務時すれ違いざまに声をかけあったり。落ち込んでいる時でも「この病棟で働くことが出来て良かったな」と思い、立ち直ることができています。

看護学生のみなさんへ!

今は勉強が大変であったり、将来を考えて不安に思うことが多い時期かと思います。看護師として働くことは大変な面もありますが、たくさんの患者さんと接することが出来てとても楽しいです。また同期や先輩にたくさん助けてもらいながら毎日充実した日々を送ることが出来ています。今を大切にして、自分の夢を実現させて下さいね!