【聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院】の看護師(ナース)就職・転職・求人・採用情報

神奈川県・大学病院

聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院 (せいまりあんないかだいがくよこはましせいぶびょういん)

緑につつまれた環境のもとで、人間性あふれた医療を提供します。

「よこはま21世紀プラン」の一環として聖マリアンナ医科大学が設立した大学附属病院です。
横浜市西部地区の地域中核病院として、地域住民の健康保持増進と疾病予防に貢献するとともに、大学病院のもつ高度な専門的医療を提供する総合的な医療機関としての役割を果たし社会に貢献します。

住所 〒241-0811 神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1
病院種別
  • 大学病院
病床数 450床
職員数 860名
看護職員数 492名

(内、助産師25名)

看護体系 一般病棟7:1
募集職種
  • 看護師
  • 助産師
勤務形態
  • 夜勤のみ
  • 交代制
  • 正規職員
  • 非正規職員
  • 看護宿舎
  • 奨学金制度
  • 退職金制度
  • 保育施設
  • 被服貸与
  • 教育制度

採用担当者からのメッセージ

患者さまもスタッフも安心・満足して過ごせる環境をつくること、それが私たちの目標です。

私たちは、常に患者さまの人権を尊重し、患者さま中心の看護を行っています。
看護が対象とするのは人間ですから、そこに複雑性が加わります。十人十色の価値観と暮らしがあります。
極論ですが、現在の看護のプロフェッショナルに求められるのは、反省的な実践力です。
つまり、常に自分の看護を振り返りながら、より質の高いケアをする。
看護の仕事にゴールはありません。

そのステージで、ともに歩むスタッフの看護への情熱と向上心を大切にし、さまざまなシステムでサポートしています。

それぞれのライフスタイルに合わせた勤務にも応じますので、その際はご相談ください。

転職募集要項

募集要項
勤務形態
  • 夜勤のみ
  • 交代制
募集職種
  • 看護師
  • 助産師
応募資格

助産師または看護師の有資格者

募集人員

若干名

募集理由

有資格者(人的資源)の人員補強

経験年数
不要
選考方法
面接 ※書類選考後
その他 適性検査
必要書類
履歴書 本学所定
資格免許証コピー
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
  • 非正規職員
正規職員
月額給与

2017年4月実績

条件 合計 基本給 諸手当
助産師(3年目) 303,070円 242,770円 60,300円
助産師(5年目) 319,930円 258,830円 54,800円
看護師(3年目) 279,720円~296,770円 229,020円~242,770円 53,200円~54,000円
看護師(5年目) 296,770円~313,630円 242,770円~258,830円 54,000円~54,800円

※年齢、経験、能力を考慮の上、規定により決定します。

月額給与内訳 【諸手当】衣服手当、夜勤手当(2交代夜勤を月5回)
その他の諸手当 通勤手当、住宅手当、家族手当、時間外勤務手当、特殊勤務手当、保育手当など
勤務時間 完全2交代制
勤務時間説明
勤務名称 勤務時間 備考
日勤 8:30 ~ 17:00 休憩60分
夜勤 16:30 ~ 9:00 休憩90分+仮眠90分
勤務地 神奈川県横浜市旭区
昇給・賞与 昇給/年1回  賞与/年2回(2017年度実績4.3カ月)
休日 4週7休制(年間115日 ※祝祭日、年末年始、夏季・厚生、開学記念日を含む)
休暇 年末年始(6日)、夏季・厚生休暇(6日)、開学記念日、年次有給休暇(20日)、特別休暇(公傷病、結婚休暇、出産休暇、育児休業、看護休暇、介護休暇・休業、忌引、災害休暇、褒賞休暇、リフレッシュ休暇等)
加入保険制度 健康保険・年金(日本私立学校振興・共済事業団)、雇用保険、労災保険
看護宿舎
院内外13施設配備(洋室ワンルームタイプ、キッチン・トイレ・浴室独立) 
※非正規職員は対象外  
進学・キャリアアップ支援制度
資格取得支援制度(認定・専門看護師、助産師、大学院など)
※非正規職員は対象外
退職金制度
勤続3年以上 
※非正規職員は対象外
保育施設
マリアンナはなみずき保育園 
被服貸与
入職時、白衣支給(1着~2着)
※契約勤務時間に準じ、衣服手当にて購入・維持
教育制度
eラーニングシステム、、中途入職者研修支援体制、クリニカルラダー別プログラム、経年別プログラム、関連施設人材交流(交換研修)ほか
その他福利厚生 【イベント】新人歓迎会、納涼祭、クリスマスパーティー、新年会 等
【福祉事業(日本私立学校振興・共済事業団)】貯金事業、貸付事業、宿泊施設利用補助 等
非正規職員
月額給与
条件 給与
看護師(日勤フルタイム) 232,900円~290,500円
夜間専従看護師 276,300円~332,200円
月額給与内訳 <参考>
看護師(日勤フルタイム)/ 時給+衣服手当【 週5回(7h)+ 半日(4h)】
夜間専従看護師 / 時給+衣服手当+夜勤手当【月:夜勤 7回+日勤 3回】
その他の諸手当 通勤手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当、保育手当 等
勤務時間 勤務日数、勤務時間については応相談
勤務地 神奈川県横浜市旭区
昇給・賞与 【昇給】あり ※能力等、人事評価により昇給  
【賞与】あり ※契約勤務時間に準ずる
休日 契約に応じた勤務に準ずる。
休暇 年次有給休暇、夏季・厚生休暇 
※契約勤務時間に準ずる
加入保険制度 健康保険・年金(日本私立学校振興・共済事業団)、雇用保険、労災保険 
※契約勤務時間に準ずる

病院基本情報

聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院
設置体
  • 学校法人
病院種別
  • 大学病院
日本医療機能評価機構認定 有 (3rdG:Ver.1.0~)
機能・特質

基幹型臨床研修病院、地域医療支援病院、災害拠点病院、脳死下臓器提供施設

病床数 450床
職員数 860名
看護職員数 492名

(内、助産師25名)

看護体系 一般病棟7:1
専門看護師
  • がん看護
認定看護師
  • 救急看護
  • 集中ケア
  • 緩和ケア
  • がん化学療法看護
  • 感染管理
  • 新生児集中ケア
  • 手術看護
  • 脳卒中リハビリテーション看護
住所 〒241-0811 神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1
交通機関1 【小田急線利用】
新宿方面から:江ノ島行に乗車(小田原行乗車の方は「相模大野」駅で江ノ島行に乗り換え)、「大和」駅で相鉄線横浜行に乗換えて2つ目の「三ツ境」駅下車。
小田原方面から:「海老名」駅で相鉄線横浜行に乗換え「三ツ境」駅下車。(所要時間約15分)
交通機関2 【東急田園都市線利用 】
「中央林間」駅で小田急線江ノ島行に乗換え。「大和」駅で相鉄線横浜行に乗換え、2つ目の「三ツ境」駅下車。(中央林間から大和まで所要時間約6分)
交通機関3 【東急東横線 ・ 京浜急行線 ・ JR京浜東北線利用 】
「横浜」駅で相鉄線急行(海老名行など)に乗換えて「三ツ境」駅で下車。(所要時間約17分)
代表電話番号 045-366-1111
URL http://marianna-yokohama.jp/
院長 田口 芳雄
看護部長 伴 真理子
外来患者数(1日平均) 約1,000名
入院患者数(1日平均) 約350名
診療科目数 25科
診療科目

血液内科、リウマチ・膠原病内科、腎臓・高血圧内科、呼吸器内科、消化器内科、神経内科、神経精神科、小児科、消化器・一般外科(消化器外科)、消化器・一般外科(乳腺・内分泌科)、小児外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、病理診断科

付属施設・関連施設 救命救急センター、周産期センター、心臓血管センター、こどもセンター

お問合せ先

お問合せ部署

聖マリアンナ医科大学
人事部 人事課

担当者名

採用担当

所在地

川崎市宮前区菅生2-16-1

お問合せ部署電話番号

044-977-9316

E-mailアドレス

saiyo@marianna-u.ac.jp

大学病院について

身につくスキル

大学病院で働く場合に身につくスキルとしては、まず体系化された教育環境の中で働くことによって身につくスキルそのものが大きな特徴であると言えます。大学病院においては、体系化された教育内容が提供されていることも多いようです。その環境の中では、高度な医療・看護を含め専門性の高い内容まで医療知識・技術の習得が可能です。また、医療機関にもよりますが、シミュレータなど看護技術の習得のために必要な最新機器が充実した環境である場合も多く存在しています。一方で業務の分業化が進んでいるために患者さんへの処置などにおいてその殆どを看護師が対応するわけでもない場合もあるようです。また、大学病院自体は広い範囲での医療を提供しているものの組織自体が大きいために一人の出来ることは限られてしまい、スキルが深く狭くなってしまう場合もあるようです。

特徴

一般的に、大学病院の特徴は、臨床における診療機能のみでなく研究・教育を行う大学の附属施設である場合が多く存在しています。そのため、大学病院は教育・診療・研究の各機能を併せ持った施設であると言えます。実施されている診療内容についても専門性の高い高度な医療技術が多くあり、設備環境も整っていることが多いのも特徴的です。そのため、大学病院で医療従事する場合は、専門性の高い業務をすることが多いことも特徴的と言えます。また、大学病院は、医学・歯学に関する学部に附属している場合が多くありますが、看護・医療技術・リハビリテーション・薬・福祉系大学(又は学部等)を要する大学の附属施設となっていることもあります。