【東京慈恵会医科大学附属柏病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東京慈恵会医科大学附属柏病院 (とうきょうじけいかいいかだいがくふぞくかしわびょういん)

日々のカンファレンスで情報共有をし、統一した看護を実践できるところが慈恵医大のいいところです

オルタネイト
  • 呼吸器内科
  • その他
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 国際医療福祉大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

インターンシップに参加した時「FISH哲学」に基づく明るく活気ある雰囲気を感じて楽しく働くことができる環境であると思いました。また、入院前から患者さんと面談をして入院中から退院へとつなぐPFMが導入されていることに魅力を感じた。患者さんが地域に戻り生活していくためには最適な看護を実践することができると考え、慈恵医大を選びました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

入職したばかりで患者さんとの関わりにも慣れず緊張する毎日を送っていたとき、初めて自分の名前を憶えてくれた患者さんとの出会いが心に残っています。疾患について学びながら毎日お話を聴き退院に向けてその人に合わせたリハビリメニューなどの指導を行いました。退院時に「ありがとう。外来の時にまた来るね」と言葉をいただき患者さんの個別性に合わせた看護を実践すること、患者さんに寄り添うことの大切さを学びました。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

ミスをしてしまったとき先輩が「なぜそうしてしまったか、今後どうしたらいいのか」を一緒に振り返り考えてくれました。自分の看護が患者さんに活かせず負担をかけてしまったときなど落ち込むことはありますがきちんと振り返りをして今後に活かせるように前向きに考えることで立ち直ることができます。

東京慈恵会医科大学附属柏病院の他の先輩の声もチェックする