【岐阜大学医学部附属病院】のインタビュー

岐阜県・大学病院

岐阜大学医学部附属病院 (ぎふだいがくいがくぶふぞくびょういん)

将来、在宅医療に携わることを目標に経験を積んでいます

オルタネイト
  • 内科
  • 神経内科
  • 皮膚科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 三重大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

大学病院では教育が充実しており最先端の知識が学べること、ワークライフバランスの実現のために岐阜大学病院では様々な制度があり、将来にわたり自己研鑽を積むことができることが入職を決めた理由です。実際に入職すると、看護技術を改めて基礎から学ぶことが出来ると同時に、病棟内では学習会が定期的に開催され医学的知識と看護を再学習することができます。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

仕事と家庭の両立をし、地域社会に貢献できる看護師になりたいです。将来は在宅医療に携わりたいと学生時代から考えていした。自宅で患者さんがその人らしく生活できるような看護をしたいと思い、現在は退院調整や患者さんへの指導を行いながら日々の業務に励んでいます。

看護学生のみなさんへ!

授業、実習、レポート等いろいろと大変なことがあると思いますが、患者さんとの関わりで見えてくる自分の看護観を育み、学生時代を過ごしてください。そして、就職し学生時代に学んだ知識を存分に発揮してください。一緒に働けることを楽しみにしています。