【岐阜大学医学部附属病院】のインタビュー

岐阜県・大学病院

岐阜大学医学部附属病院 (ぎふだいがくいがくぶふぞくびょういん)

赤ちゃんに優しいケアを心がけています

オルタネイト
  • 新生児集中治療室
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 滋賀県立大学出身

現在のお仕事について教えてください。

NICUで勤務し、予定より早く生まれた赤ちゃん、小さく生まれた赤ちゃん、入院治療が必要な赤ちゃんの看護をしています。赤ちゃんが落ちついた状態でケアを受けられるように、ディベロップメンタルケアを大事にし、より質の高い看護の提供を目指しています。また、医師、産科病棟、ソーシャルワーカー・地域との連携を図り、赤ちゃんやご家族が安心して退院できるように支援しています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

新人研修が充実していることに加え、大学病院ということもあり、より高度で専門的な知識や技術を習得できると思ったからです。また、PNSを導入しており、ペアを組む先輩看護師から看護のコツや患者さんとの接し方などを実際に見て学ぶことができたり、いつでも頼れる先輩がいる安心感の中で仕事ができることに魅力を感じたからです。

看護学生のみなさんへ!

実習や課題、国試の勉強など、毎日忙しいと思いますが、将来看護師になってから必ず役に立つので、日々の学びを自分のものにしていってください。素敵な看護師になれるよう、応援しています。