【岐阜大学医学部附属病院】のインタビュー

岐阜県・大学病院

岐阜大学医学部附属病院 (ぎふだいがくいがくぶふぞくびょういん)

高度救命救急センターで日々勉強しながら頑張っています

オルタネイト
  • 高度救命救急センター
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 福井医療短期大学出身

現在のお仕事について教えてください。

高度救命救急センターで勤務をしています。重症な患者さんが多く、様々な疾患の方がいる病棟です。覚えることも多いところですが、1年目のころは先輩方に手厚く指導していただきできることが増えていきました。、2年目になってからも分からないことや悩んだことはすぐに先輩に相談できるので心強いです。最近はいろいろな医療機器を用いて治療している患者さんも看ているので、日々勉強しながら頑張っています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

入院時には人工呼吸器も装着しており、意思疎通も図れない患者さんが、さまざな治療を乗り越え、一般病棟に移っていき、退院の際に元気な姿を見せに来てくれるときです。意識がはっきりとしていないこともあり救命センターでのことは覚えていないこともありますが、リハビリや退院のタイミングなどで来てくださったときに患者さんからお礼を言われたときはここで看護師をやっていてよかったと思います。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

緊急入院の患者さんが多い病棟なので、患者さんの対応ももちろんですが、家族の対応にも配慮できるように心がけています。突然の入院で家族は動揺していることが多いため、家族が面会に来た際には不安に思っていること、気になることはないか声をかけるようにしています。また病室に入った際に気分が悪くなっていないかも確認するようにし、家族のケアができるようにしています。