【岐阜大学医学部附属病院】のインタビュー

岐阜県・大学病院

岐阜大学医学部附属病院 (ぎふだいがくいがくぶふぞくびょういん)

入院中の子どもやお母さんが安心できるように接しています

オルタネイト
  • 小児外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 岐阜市医師会看護学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

看護師として正しい技術・知識を身につけられると思ったからです。専門学校卒業のため、学習量や知識面において不安がありましたが、集合研修やeラーニング、院内基準書が充実しており、日々先輩の指導を受け、それらを用いて振り返りながら学習しています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

入院中の子どもは看護師を恐がったり、付き添いのお母さんは子どもの容体や治療ついて不安が多くあるため、笑顔や落ち着いた態度で接することを心掛けています。子どもが乳児であっても看護を実施する時は必ず何をするか声を掛けながら行うことで安全に採血や吸引、シーネ交換など実施することが出来ています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

子どもへ上手く内服させることが出来ないお母さんが、看護師の関わりで出来るようになった時や、治療を終えて退院する時などにやりがいを感じます。また、以前はうまく出来なかった技術が先輩のアドバイスを受けて安全に出来るようになった時など自身の成長を実感し、やりがいを感じます。