【岐阜大学医学部附属病院】のインタビュー

岐阜県・大学病院

岐阜大学医学部附属病院 (ぎふだいがくいがくぶふぞくびょういん)

インターンシップに参加して就職を決めました

オルタネイト
  • 内科
  • 神経内科
  • 消化器内科
  • 皮膚科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 岐阜県立看護大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

学生時代に参加したインターンシップで実際に医療の現場を目の当たりにして、当院の先輩看護師の働きぶりや医師・看護師間の雰囲気をみて、私もこの病院で一スタッフとして一緒に働きたいと思いました。また、当院は新人指導が充実しており、1年目に看護師としての基礎を作り上げることができると思ったこと、大学病院であるためより質の高い看護を実践することができると思ったため、当院への入職を決めました。

看護学生のみなさんへ!

実習や勉強など大変だと思いますが、学生時代にしか経験できないことがいくつかあるので、勉強を頑張りながら自身のプライベートを大切にしてください。病院選びは早い段階から行うことに越したことはありません。積極的に説明会やインターンシップに参加し、自分にあった病院を見つけ出して下さい。いつか一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

つらい、ダメだ、しんどい・・・と感じた時は、同期や同大学に通っていた友人、先輩看護師に話を聞いてもらいます。また、楽しみがあると乗り越えられる性格なので、定期的に楽しみや予定を作りモチベーションを高めています。日頃は毎日の食事、睡眠はきちんと取り規則正しい生活を送り、必要以上に心身にストレスがかからないように気を付けています。