【岐阜大学医学部附属病院】のインタビュー

岐阜県・大学病院

岐阜大学医学部附属病院 (ぎふだいがくいがくぶふぞくびょういん)

県外からの就職ですが同期がいれば大丈夫です

オルタネイト
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 福井県立大学出身

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

同期が私を合わせて5人いて、キャラクターはバラバラだけど本当に仲良くなって、その同期たちと話して元気をもらっています。また、年の近い先輩たちとごはんへ行ったりして仕事のアドバイスをもらったり、楽しく話したりしてもらって元気をもらっています。

印象に残っているエピソードを教えてください。

4・5月のころに副担当した患者さんが半年後に再入院されたときの採血のことです。採血したときに「前より痛くないよ!成長したんじゃない!」と言ってくださったことがとてもうれしくて印象に残っています。この言葉で自分に自信が持てるようになりました。先輩だけでなく、患者さんも自分たちの成長を見てくださっているととても感じました。

看護学生のみなさんへ!

私は岐阜県外から当院に就職したので、周りに知り合いはほとんどおらず、馴染めるかとても不安でした。しかし、同期はみんな話しやすく、今では誕生日会をしたり遊びに行ったりして楽しく過ごしています。また、病棟の先輩方もとっても優しくて、教育をしてくれているので、少しずつ成長しながら働くことができています。なので、安心して就職してください!