【岐阜大学医学部附属病院】のインタビュー

岐阜県・大学病院

岐阜大学医学部附属病院 (ぎふだいがくいがくぶふぞくびょういん)

高度救命救急センターでやりがいを感じています

オルタネイト
  • 高度救命救急センター
  • 看護師
  • 職歴13年
  • 岐阜県立看護大学出身

現在のお仕事について教えてください。

高度救命救急センターで働いています。病棟では集中治療領域の患者さんへの看護を行っています。救急外来では救急車で運ばれてくる患者さんへの看護、そしてフライトナースとして勤務し、病院に運ばれる前からの看護を行っています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

自分では当たり前のように行っていることでも、患者さんから「ありがとう」とお礼を言われたり、患者さんやそのご家族と信頼関係を築けたときに看護師を続けていてよかったなと思います。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

基本的には家に帰って寝たら忘れて過去のことは引きずらないタイプですが、長く働いているとそうもいかない壁にぶつかることもありました。その時に立ち直るためには、同期や同僚スタッフの支えがとても大きかったです。なんでも相談できる仲間との関係はとても大切だと思います。