【岐阜大学医学部附属病院】のインタビュー

岐阜県・大学病院

岐阜大学医学部附属病院 (ぎふだいがくいがくぶふぞくびょういん)

急性期を一貫して看護師として関われることにやりがいを感じる

オルタネイト
  • 高度救命救急センター
  • 看護師
  • 職歴9年
  • 岐阜大学出身

現在のお仕事について教えてください。

高度救命救急センターの看護師として、ドクターヘリのフライトナース、ドクターカーナース、救急外来における初療、センター内の集中治療室における集中ケア看護を行っています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

事故現場等のプレホスピタルから、患者さんが集中治療室を退室されるまでの急性期を一貫して看護師として関われることにやりがいを感じます。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

県内唯一の高度救命救急センターを有し、最先端の急性期医療を学ぶ環境が整っていること、教育システムが構築されていることが理由です。