【大阪府済生会中津病院】のインタビュー

大阪府・一般病院

大阪府済生会中津病院 (おおさかふさいせいかいなかつびょういん)

患者さんと向き合い寄り添う看護師をめざして

  • 消化器内科
  • 北9階病棟
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 大阪医療センター附属看護学校出身
  • オルタネイト
  • オルタネイト
  • オルタネイト

患者さんの支えになれたことが、何よりも嬉しい

現在、消化器内科病棟で検査や内視鏡治療を受けられる患者さんやターミナルケアを必要とされる患者さんのケアを行っています。具体的には、患者さんの症状観察や日常生活の支援のほか、検査時のサポートなどです。痛みや苦しみ、不安を訴える患者さんもいらっしゃるので、常に気配り目配りを大切にし、患者さまやご家族の方の安心につながる対応を心がけています。以前、痛みを訴える患者さんの患部をさすると、「ありがとう。楽になりました」「あなたがいてくれてよかった」と言ってくださり、看護師としてのやりがいを感じましたし、もっと頑張ろうと励みになりました。これからも患者さんやご家族の方が安心して治療を受けられるように、寄り添った看護を心掛けてしっかりサポートしていきたいと思っています。

看護師として多くのことを学ぶことができます

当院は充実した教育プログラムが魅力です。入職してすぐにプリセプター(先輩看護師)が一人ひとりについてくれるので、安心して働けます。私も入職してすぐはわからないことや戸惑うこともたくさんありましたが、プリセプターをはじめ、病棟の先輩看護師の方々がわかるまで丁寧に指導してくださり、看護師として一歩一歩着実に成長することができました。また、同期も複数いるので互いに切磋琢磨し、励ましあいながら頑張れます。さらに、患者さん一人ひとりの病気やそれに伴う症状について詳しく知った上で真摯に向き合い、ケアをされている先輩の姿はとても勉強になります。そんな先輩の姿や指導を通じて、自分自身の力として身につけられるように日々振り返って考えるように心がけています。当院には同じ志をもつ仲間と一緒に看護師として大きく成長できる環境が整っていると思います。