【日本医科大学病院】のインタビュー

東京都・大学病院

日本医科大学病院 (にほんいかだいがくびょういん)

「ナースコールを鳴らさない看護」を目指して

オルタネイト
  • 総合診療科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 埼玉県立大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

私は学生の頃から救急看護や集中治療領域の看護に興味があり、救命救急を特徴の1つとしている当院で働き、質の高い最先端の医療を学びたいと思ったことが理由の1つです。
また、当院は看護の理念の1つとして「ナースコールを鳴らさない看護」を掲げています。実際にインターンシップに参加した際、他の医療者と連携を図り、患者さんのための医療を提供している現場を目にし、この病院で働きたいと感じ入職を決めました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

自分がなりたい看護師像を想像した際に、この病院で実現できるかということが1番重要であると考えます。自分が携わりたい分野や専門領域に特化している病院を選択した方が、入職後もやりがいや達成感を感じ、仕事をしていけると思います。
また、教育制度やサポート体制の他にも、知識や技術だけでなく、メンタルの面でも支えてくれる目標となる先輩達の存在は、自身の看護師としての成長にも繋がると思います。

新人研修の特長やよかった点を教えてください。

当院の新人研修は、必ず病棟業務から離れて研修を行います。病棟で行う技術はもちろん、救急看護やがん看護など、認定・専門看護師の方から専門的な分野の研修も受けることが出来ます。
また、日々慣れない業務に苦労し、疲れている中、病棟から離れ、久しぶりに同期と揃って半日・1日と研修を行う日は、リフレッシュの機会にもなります。そうして次の日からまた患者さんと向き合い、看護を実践していくことが出来ました。