【埼玉県済生会栗橋病院】のギャラリー

埼玉県・一般病院

埼玉県済生会栗橋病院 (さいたまけんさいせいかいくりはしびょういん)

埼玉県済生会栗橋病院ギャラリー情報の紹介ページです。キャリタス看護では、病院や医療機関・施設の求人に関する情報を色々な側面からお伝えしますね。
埼玉県済生会栗橋病院ギャラリー情報は就職や転職を考える上でも意外と重要な情報が詰まっていますから見逃さないように確認してみてくださいね。埼玉県済生会栗橋病院ギャラリー情報で気になる部分があったら是非、見学や面談する機会があった際には質問してみて下さいね。病院や医療機関・施設の特徴でもある場合も多いので、話のきっかけ作りとしても大事な要素です。

看護部からのメッセージ

◇患者さんに「寄り添う」とは、あなたはどんなことだと思いますか?
 一人一人顔が違うように看護も個別性を重視しあなたの「やりたい看護」が見つけられるよう看護部が全面的にバックアップします。

◇ワークライフバランスの充実を掲げ、短時間常勤や日勤常勤(当院規定があります)フレックスタイムなど取り入れ、働く側も個別性の重視を実行しています。

◇2012年、12時間夜勤を導入しました。
 中勤・ロング日勤などを取り入れ、心身共に健康で長く勤務できるよう勤務環境を整えています。
 また、12時間・16時間と夜勤時間も選択できます。
 
認定看護師・種々の研修など、学ぶ意欲のある人へのバックアップ体制が整っており、応援しています。

看護の仕事に専念するために

 看護部では、ベッドサイドケアこそ看護師が本来なすべき仕事と考えています。ベッドサイドケアを実践するために、他職種が周辺業務を担当して看護に専念できるようサポートしています。
 例えば、朝の採血業務は臨床検査技師が行い、薬剤のミキシング・点滴の混注・配薬業務は病棟担当の薬剤師が行っています。医療機器はME(臨床工学技士)が、各々プロ意識をもって担当しています。
 また、院内保育、病児保育も行っており、働くお父さん、お母さんも安心です。

新人教育

 一人の新人看護師(プリセプティー)に一人の先輩看護師(プリセプター)がついて指導し、業務を覚えていきます。部署ごとの「新人教育ファイル」にもとづき、4月~5月頃までは、リーダークラスの看護師が、新人担当として、日常生活援助や検査などについて、根拠から丁寧に指導しますので、安心して学ことができます。
 6月頃から、プリセプターと共に、一人の患者さんから徐々に受け持ちを始めます。定期的に行う「プリセプティー・フォローアップ研修」では、仲間と集まり、不安などをひとつずつ解決していきます。
 12月には、「ナイチンゲール看護覚え書き」をもとに、課題図書発表会があり、先輩から応援メッセージをもらい、次の段階へと進みます。

埼玉県済生会栗橋病院ギャラリー情報をご覧いただきました皆さんへ

埼玉県済生会栗橋病院ギャラリー情報に新しい発見はありましたでしょうか、少しでも興味をもてる内容であれば、資料請求や見学会・インターンシップ等への参加がお勧めです。きっかけは人によって様々ですが、埼玉県済生会栗橋病院ギャラリー情報の中で興味をもった内容は、皆さんの就職や転職を考える際に大事な情報の一つにきっとなります。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。