【昭和大学附属病院(東京5病院・神奈川3病院)】のインタビュー

東京都・一般病院・専門病院・大学病院

昭和大学附属病院(東京5病院・神奈川3病院) (しょうわだいがくふぞくびょういんとうきょうごびょういんかながわさんびょういん)

責任と自覚を持って働いています。

オルタネイト
  • 呼吸器内科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 整形外科
  • 泌尿器科
  • 眼科
  • 歯科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 西南女学院大学出身

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

私が仕事をするうえで心掛けていることは、責任と自覚を持つことです。働き始めて7ヶ月が経ちました。少しずつ1人でできることが増えていく中で受け持つ患者さんの重症度も様々になってきました。まだ不安なことや自立できていないことがたくさんありますがそこは先輩たちが相談に乗ってくれます。一人で解決しようとせずに1日の受け持ち看護師として責任を持ち安全に療養生活が送れるように関わっていくことを心掛けています。

看護学生のみなさんへ!

学生の頃は課題やレポートに追われる毎日、実習や国家試験の勉強で眠れない日々が続きました。それでも学生時代に培われた忍耐力は働き始めてとても役に立っています。そして苦楽を共にした友人は社会に出て辛いことがあっても理解し合え心の支えになってくれます。今となっては頑張って良かったなと思っています。学生時代に戻りたい!とは思いませんが、、、後悔のない学生生活を送って欲しいです。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

私は福岡から上京してきました。外で遊ぶことより家の中で何かをしている方が好きな性格なので休みの日はほとんど家の中で過ごしています。せっかく東京に来たのに!!とよく言われます。なので2年後くらいまでには東京の主要部分を熟知して福岡から遊びに来た家族や友人に自慢気に東京案内が出来るようになることが今の夢です。