【昭和大学附属病院(東京5病院・神奈川3病院)】のインタビュー

東京都・一般病院・専門病院・大学病院

昭和大学附属病院(東京5病院・神奈川3病院) (しょうわだいがくふぞくびょういんとうきょうごびょういんかながわさんびょういん)

『病いとともに生きる』患者を支えていきたいと思っています。

オルタネイト
  • 内科
  • リウマチ科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 茨城キリスト教大学出身

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

日々の業務は忙しいですが、患者さんの笑顔を見れることが仕事のやりがいに繋がっています。
仕事が上手くいかないときやミスをしてしまったときはもちろん落ち込みますが、同期や先輩に相談を聞いてもらったり、アドバイスをもらったりしてモチベーションを上げるようにしています。本当にいつも聞いてもらっているので感謝しています。スタッフみんなで支え合いながら仕事ができることも、やりがいに繋がっていると思います。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

患者さんの立場にできるだけ立ち、思いに寄り添った看護ができるよう心掛けています。様々な疾患を抱えた患者さんのそれぞれの悩みや不安を少しでも軽減できるよう積極的にコミュニケーションをとるようにしています。特に私の勤務する病棟は内科病棟ですので、病気とともに生活をする患者さんの退院後の生活を見据えた看護ができたらいいなと思っています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

私の出身大学から昭和大学病院へ就職している先輩が多かったため安心して就職を決めました。また、屋根瓦式のサポートが充実しているため、多くの知識・技術を自分のペースに合わせて習得できています。より多くの知識や技術を学べることは大学病院の強みだと思います。